【東京】冷やし中華の時期がやっていると

冷やし中華の時期がやってくると、まずコンビニのお弁当コーナーが最初に模様替えでしょうか。そしてお店のメニューに並ぶころには、これじゃなきゃと思える旬のメニューになっています。

スポンサーリンク

揚子江菜館

東京都千代田区神田神保町1-11-3

創業明治39年の老舗で、昔ながらの味を残した冷やし中華が味わえます。その他にも冷やし中華の種類があり、何度来ても自分の気分に合ったものが食べられます。

サンムーン

東京都台東区柳橋1-12-8 2F

ここではオーダーしてから麺を作る、本格的な冷麺が食べられます。店内はカフェ風なので、女性客でも来店しやすい雰囲気となっています。

草の家

東京都港区赤坂2-14-33

自家製麺を使用した冷麺が味わえます。韓国の伝統的な古民家風の店内は個室感覚の場所もあり、ゆっくりとくつろいで食事することができます。

ぴょんぴよん舍

東京都中央区銀座3-2-15

ここでは盛岡冷麺が食べられます。もちもちの太麺と濃い味のつゆ、具材の程よい味が交わり、更に好みの辛さによって絶妙な味わいを楽しめます。

カントンの思い出

東京都新宿区大久保1-17-1

ここでは冷麺だけでなく、人気のランチメニューや韓国料理もあり、ボリューム満点でみんなが満足できる、そんなお店です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/05/18 公開