【東京】アクセス便利な個人美術館を紹介します

大きな美術館も良いけれど、コンパクトな個人美術館にはまた違う良さがあります。駅から歩いて行けるところばかりなので、思い立った時にふらりと立ち寄ってみませんか?

スポンサーリンク

太田記念美術館

東京都渋谷区神宮前1-10-10

原宿の路地裏にある、こじんまりとした浮世絵専門の美術館。葛飾北斎や歌川広重などの作品を見ることができ、月毎に展示の入れ替えがあるので何度行っても楽しめる。

久米美術館

東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階

近代歴史学の祖・久米邦武とその長男で近代洋画の先覚者といわれる久米桂一郎を記念し昭和57年に設立。日記や書簡などの資料や油絵・素描などの作品を展示している。目黒駅すぐそば。

入江一子シルクロード記念館

東京都杉並区阿佐谷北2-8-19

シルクロードを中心にアジアの風景を描き続けてきた女流画家、入江一子の個人美術館。色彩豊かな大作からスケッチ、写真、民族工芸品などが展示されている。阿佐ヶ谷駅から徒歩6分の住宅街にある。

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

東京都世田谷区奥沢5-38-13

戦争画や裸婦画で有名な洋画家・宮本三郎のアトリエ兼邸宅の跡地に開館した美術館。イベントが随時開催され、自由が丘の散策ついでにふらりと立ち寄れる。

青梅赤塚不二夫会館

東京都青梅市住江町66

漫画家赤塚不二夫の貴重な原画やキャラクターグッズが展示されている。「元気な昭和」をテーマにレトロな雰囲気を演出しており、赤塚マンガを堪能できる。JR青梅駅から徒歩5分。

玉堂美術館

東京都青梅市御岳1-75

JR御嶽駅から徒歩10分。数多くの風景画を残した日本画の巨匠、川合玉堂の15歳から84歳までの作品と画室、愛用品が展示されている。年に7回、季節に合わせて展示物の入替えが行われる。

小野忠重版画館

東京都杉並区阿佐谷北2-25-16

戦前・戦後に活躍した版画家・版画史研究家である小野忠重の木版画と素描を鑑賞できる。旧宅の一部を使い公開している個人美術館で、阿佐ヶ谷駅から徒歩8分の住宅街の中にある。

井の頭自然文化園 彫刻園

東京都武蔵野市御殿山1-17-6

吉祥寺駅から徒歩約10分、井の頭公園内にある彫刻園。長崎の平和祈念像で知られる彫刻家・北村西望の作品が屋内と屋外合わせて約250点展示されている。散歩をしながら気軽に鑑賞できる。

長谷川町子美術館

東京都世田谷区桜新町1-30-6

「サザエさん」の作者、長谷川町子が収集した美術品とサザエさんの原画を展示している。美術館までのサザエさん通りではおなじみのキャラクターをあちこちに見ることができ、駅から10分の道のりも近く感じる。

世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館

東京都世田谷区弦巻2-5-1

茅葺き屋根の民家で知られる洋画家向井潤吉の油彩画やデッサンが見られる。木々に囲まれたアトリエ館では日本庭園の風情を楽しむこともでき、ゆったりと鑑賞できる。駒沢大学駅西口より徒歩10分。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/05/20 公開