【東京】アートの世界を楽しみたい。古美術、美術館。

休日はのんびりと、美術館巡りや古美術の展示物を見てアートを楽しみましょう。都内の個性的な美術館をまとめてみました。

スポンサーリンク

根津美術館

東京都港区南青山6丁目5-1

実業家根津嘉一郎が収集した美術品を展示・公開している市立美術館。仏教絵画や水墨画、近世絵画に陶磁器など、日本・東洋から集められた幅広い作品を見ることができる。

三井記念美術館

東京都中央区日本橋室町2丁目1-1

円山応挙作の『雪松図』や『聚楽第図屏風』など、知る人ぞ知る日本美術作品を保存・公開している市立美術館。旧財閥三井家が所蔵していた膨大な美術作品を鑑賞することができる。

畠山記念館

東京都港区白金台2丁目20-12

畠山一清が収集した美術作品を見ることができる美術館。書画、漆器、陶磁器など、茶に関係する作品を中心に所蔵・展示している。日本や中国、朝鮮など、東洋が生み出した芸術品の数々には思わずため息が出るそう。

London Gallery

東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル2F

仏教美術を中心に、東洋の古美術を専門で扱うギャラリー。屏風や掛け軸、陶磁器に工芸品など、洗練された美しい品々を見ることができる。杉本博司氏デザインの和モダンな内装も、美術品に負けないほど美しさだとか。

泉屋博古館分館

東京都港区六本木1丁目5番地1号

住友家が収集していた膨大な美術品を保存・展示している美術館。東洋西洋問わず幅広い作品を鑑賞できる。パリで学んだ日本人画家の作品を揃えた展覧会など、ユニークで独創的な企画展も開催している。

戸栗美術館

東京都渋谷区松濤1-11-3

実業家戸栗亨氏が集めた東洋陶磁器コレクションを保存・展示している美術館。伊万里焼や鍋島焼きなどの日本陶磁器や、中国朝鮮から集められた陶磁器など、7000千点を超える収蔵品を持つ。

ブリヂストン美術館

東京都中央区京橋1丁目10-1

レンブラントやルノアール、ゴーギャンなど、世界の名だたる巨匠の作品を収蔵・公開する美術館。西洋美術作品や日本近代美術など、世界各国から集められた幅広い作品を鑑賞することができる。

出光美術館

東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9階

皇居のお濠に面した自然豊かな場所に建つ美術館。日本の書画や日本・中国の陶磁器など、東洋の古美術を中心にした展示が行われている。ノルウエー画家ムンクの作品を見ることもできる。

静嘉堂文庫美術館

東京都世田谷区岡本2-23-1

日本や西洋の古典資料や古美術を収蔵する美術館。渡辺崋山作の『月下鳴機図』や、国宝に指定されている『倭漢朗詠抄』など、歴史的に希少な資料が数多く揃う。年に4~5回開催される企画展は見ごたえがあると評判。

板橋区立美術館

東京都板橋区赤塚5丁目34-27

赤塚城跡に建てられた公立美術館。狩野派の作品や浮世絵など、日本の近・現代の作品を多く収蔵している。『ボローニア展』や『18世紀の江戸絵画展』など、日本西洋幅広い作品を取り扱う企画展も開催されている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/09/05 公開