【関西】こだわりあふれる小さな美術館&博物館

テーマや素材にこだわって作ったら、小さな美術館、博物館ができました。見た目は小さくても、中にはぎっしりこだわりが詰まっています。

スポンサーリンク

神戸ファッション美術館

兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

ファッションを語るならまずは此処に行かなければ。ファッション雑誌のバックナンバーがズラリ。その派手なイメージとは裏腹に、まず「そもそも服とは」という、ファッションの根本から勉強もできる場所。

上方浮世絵館

大阪府大阪市中央区難波1丁目6-4

上方浮世絵のみが常設されている唯一の場所。大阪で描かれた、江戸浮世絵とは違う、役者を美化せずリアルに描かれた肉筆で描かれた独特の存在感。世界を魅了した上方浮世絵の世界にどっぷり浸かってみて。

喜多美術館

奈良県桜井市金屋730番地

「世紀末の印象派〜現代美術まで」をテーマ展示。かの有名なピカソ、ルノワール、ゴッホが一堂に。かつ、現代美術も見れる為、世紀末からこれまでの絵画の「流れ」を見る事ができる。

アサヒビール大山崎山荘美術館

京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3

アサヒビールの初代社長・山本爲三郎のコレクションがズラリ。「無名の職人の手による下手ものにこそ普遍の美が宿る」という「民藝美論」をもとに集められた品々が。素朴な中に光る作品を見る事ができる。

中野美術館

奈良県奈良市あやめ池南9丁目946-2

明治・大正・昭和と3つの時代にわたり、創立者である中野氏が集めた、近代日本の洋画、日本画が展示されている。秀逸な日本の海外に浸る事ができる。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/07/21 更新