【滋賀】夏本番でも涼しいお出かけスポットがあります

昨今ではヒートアイランド現象が話題になっていますが、この季節の都心部はとても暑いですよね。夏はぜひ湖畔や渓谷などの水辺へ避暑に訪れてみてください。木陰と水音が心地よい自然のクーラーになってくれます。

スポンサーリンク

淡海湖(処女湖)

滋賀県高島市今津町深清水

元々は灌漑用水用に作られた人造湖です。今では美しい池としてため池百選にも選ばれるほどです。季節ごとに咲く色々な花と木々の緑と湖の青とのコントラストが美しい湖です。

三島池

滋賀県米原市池下

姉川の伏流水を利用して作られたため池。ため池とはいえ、周囲780mもあります。池は、鳥獣や魚の保護区となっていて、バードウォッチングのスポットとしても人気を集めています。

八ツ淵の滝

滋賀県高島市鹿ヶ瀬

その名の通り、8つの滝からなる日本滝百選にも選ばれている滝です。すべての滝を見るための登山道はあるのですが、危険な場所もあるので装備をしっかりとしてからお出かけ下さい。

醒井峡谷

滋賀県米原市上丹生

国の名勝地にも指定されている醒井峡谷は、宗谷川沿いにあります。季節それぞれに美しい景色を見られる場所として、観光客で賑わいます。

琵琶湖

滋賀県大津市島の関

言わずと知れた日本一大きい湖です。湖の周りには、観光施設などもあり、いろいろと楽しむ事ができます。もちろん泳ぐこともでき、海水と違いあがった時にべたべた感がないのが湖水浴の魅力ですよね。

楊梅の滝

滋賀県大津市北小松

雄滝と雌滝と合わせて楊梅の滝と呼ばれています。遠くから見ると、布を垂らしているようにも見えるので布引の滝とも呼ばれています。雌滝は近くで見ることができます。雄滝は少し急な登りがあるので注意して下さい。

河内の風穴

滋賀県犬上郡多賀町河内宮前

夏は涼しく過ごせる場所の一つが風穴ですよね。河内の風穴、入り口は少し狭く不安になりますが、中に入ってからの大広間などはまさしく地底探検の世界です。

八雲ヶ原湿原

滋賀県大津市大字北比良

関西方面ではあまり見ることがない高層湿原です。遊歩道も整備されていて、レンゲツツジなどの珍しい植物を見ることができます。

小女郎ヶ池

滋賀県大津市小女郎

県内で一番標高の高い場所にある池です。悲哀伝説も残る池は雨乞いの池としても地元の人に大切にされています。蓬莱山へのハイキングの途中に見ることができますよ。

余呉湖

滋賀県長浜市

滋賀県には、いろいろと伝説のある場所が多いですが、こちらの湖にも羽衣伝説があり、地元の人に語り継がれています。現在ではハイキングコースとしても人気です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/08/12 公開