【和歌山】マイナスイオンを浴びよう!和歌山の滝めぐり。

高さ、水量ともに日本一の那智の滝をはじめ、和歌山の大自然スポットでマイナスイオンを浴びて身も心もリフレッシュしよう!

スポンサーリンク

滝の拝

和歌山県東牟婁郡古座川町小川

落差が8mある渓流爆。ポットホールという水流の影響で丸く削られた岩床を無数に見る事が出来ます。近くに橋が架かっているので、そこから見るのがオススメ。

まぼろしの滝

和歌山県東牟婁郡古座川町西川

地図には滝印があるのに、あまりにも山奥にあり誰も見たことが無かったのでまぼろしの滝と呼ばれるようになったそうです。落差は63m。現在は林道が出来たので気軽に見に行けます。

曼陀羅の滝

和歌山県田辺市龍神村龍神

中里介山の小説「大菩薩峠」で有名になった滝。少し山奥にあるが、整備された山道を行くので、のんびりと周りを散策できます。

請川のお滝さん

和歌山県田辺市本宮町請川

落差が20m程の二段の滝。和歌山県本宮町の名勝八景の一つに数えられています。滝には不動尊が祭られています。

かやの滝

和歌山県田辺市熊野

齢300年を超すといわれるかやの大木が滝に被さっているので、かやの滝と称されています。深い原生林に囲まれており、豊かな自然を感じます。

桑の木滝

和歌山県新宮市相賀

約20m程の落差の滝。細かい糸を引いたように流れる水は非常に神秘的で美しいです。滝までに散策道があるので森林浴も楽しめます。

宝竜の滝

和歌山県新宮市熊野川町滝本

落差が100mもある、非常に迫力のある滝です。一の滝、二の滝と二段に分かれており、遠くからでも見る事が出来ます。近くに行くことも出来ますが、滑りやすいので動きやすい靴で行くのがオススメ。

八草の滝

和歌山県白浜町久木

落差は22m程の滝で、日本の滝百選にも選ばれるほど有名です。少し山の奥のほうにあるので、川を挟んだ対岸から見るのがオススメ。

次の滝

和歌山県有田川町延坂

約46mある落差は、和歌山県で一番の落差を誇る那智の滝に次ぐほど。飛沫を挙げて一気に落ちる様子は圧巻です。

鼻白の滝

和歌山県新宮市

落差は80m程の二段になった滝です。滝壺までは直ぐに行くことが出来、近くでも遠くでも滝を見て楽しむことが出来ます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/08/07 公開