【北陸・甲信越】織田信長ゆかりの地、北陸・甲信越を訪れよう

歴女・歴史好き必見!織田信長のゆかりの地でもある北陸・甲信越には驚きがいっぱい!空想しながら訪れてみましょう。

スポンサーリンク

前田土佐守家資料館

石川県金沢市片町2丁目10-17

信長に仕えていた加賀藩祖の前田利家。それから続く前田土佐守家に関する資料を約9,000点保管。現在その一部が展示されています。

朝倉義景墓所

福井県大野市泉町10

信長との戦に敗れた朝倉義景が、一族の朝倉景鏡に裏切られたことによって自刃。家臣の墓と共に祀られており、周辺は公園、散策地となっています。

景徳院

山梨県甲州市大和町田野389

武田勝頼の墓所として知られ、信長、家康の連合軍に敗れた武田一族が自害した田野の旧地となっています。生害石や首洗い池など、歴史の重みを感じることができます。

常高寺

福井県小浜市小浜浅間1

こちらの寺院は信長の妹、お市の方の次女、常高院(お初の方)により建立。夫の京極高次、父母の浅井長政とお市の方などの供養の為といわれています。

越前大野城

福井県大野市城町3-109

亀山の山頂に造られた平山城跡で、雲海に浮かぶ姿が「天空の城」といわれています。信長に仕えた金森長近が築城主で、現在の天守は昭和43年に再建。資料館として運営されています。

劔神社

福井県丹生郡越前町織田113-1

「越前国二の宮」の格式高い神社で、信長の祖先が神官として代々仕えた歴史を持っています。そのため信長自身も氏神として崇め、社殿を造立するなどしました。

金ヶ崎城跡

福井県敦賀市金ヶ崎町1-4

新田義貞が足利軍と戦った古戦場から始まり、信長や豊臣秀吉、徳川家康と多くの武将にゆかりのある地となっています。「古戦場ウォーキング」のコースを巡れば、それぞれの歴史を感じるひと時を過ごせます。

一乗谷朝倉氏遺跡

福井 県福井市城戸ノ内町28-37

越前を支配していた朝倉一族の遺跡を、さまざまなコースから巡ることができるスポットです。5代目義景は刀根坂の戦いで織田・徳川軍に大敗し、自害。一族の歴史も終わりを迎えました。

岐阜城

岐阜県岐阜市金華山天守閣18番地

戦国時代の武将、斎藤道三の居城から始まり、その後信長がこの城を攻略。天下統一の本拠地となりました。天守からは長良川などの景観が楽しめたり、程近くには「岐阜城資料館」などがあります。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/08/01 公開