【東京】面白い!家族で行きたい東京の博物館

大人も子供も楽しめ・勉強ができる東京の博物館をご紹介します。今度の休日にでも家族で行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

江戸木目込人形博物館

東京都墨田区向島2-11-7

木目込人形というと、ひな祭りを思い出しますが、その他にも可愛らしいお人形が並ぶ博物館。個人の小さな博物館ですが、明治時代からのひな人形や、製作道具・工程などが現物やパネルなどで照会されています。

伊勢半本店 紅ミュージアム

東京都港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F

口紅の紅についてのミュージアムです。紅はもともとは植物の紅に含まれる成分の一つで、そこから昔は口紅の紅が作られていました。その歴史や紅の花について知ることができます。

紙の博物館

東京都北区王子1丁目1-3

博物館のある場所は「王子」です。紙で有名な王子製紙の発祥の地になります。そこにあるのが紙の博物館となると納得できますよね。博物館には、紙ができるまでの工程や、歴史などが分かりやすく展示されています。

昭和のくらし博物館

東京都大田区南久が原 2丁目26-19

昭和中期の暮らしをそのまま再現している博物館です。居間には、思わずひっくり返したくなるちゃぶ台や、かまどのある台所など、懐かしい室内は昭和時代にタイムスリップした気分を味わえます。

金庫と鍵の博物館

東京都墨田区千歳3-4-1

すみだ3M運動で小さな博物館に認定されている博物館です。館内には、幻の金庫と言われている旧日本陸軍が暗号表を保管するために使用した金庫や、世界各国の大型金庫が展示されています。

ブレーキ博物館

東京都墨田区江東橋1丁目5-5 中山ライニング工業墨田営業所 2F

ブレーキと言っても普通の車のブレーキだけではなく、F1に使われるものや、新幹線に使われているブレーキなども展示されていて、マニアにもそうでない人にも見ごたえのある博物館です。

漆工博物館

東京都墨田区向島三丁目38番10号

漆というと、木曽や輪島などが有名ですが、江戸漆も有名どころの一つです。漆塗の道具や制作方法などが分かりやすく展示されています。すみだ3M運動の小さな博物館にも認定されています。

東京都水道歴史館

東京都文京区2丁目7-1

江戸時代に遡って現代までの東京の水道事業を資料や映像で展示されています。その他にも、江戸の生活や上水について再現された江戸の長屋を見ながら学ぶことができます。

北区飛鳥山博物館

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

江戸時代8代将軍徳川吉宗の命により作られた飛鳥山公園。公園内には、博物館があり北区の歴史や文化・自然についての展示がされています。

国立科学博物館

東京都台東区上野公園 7-20

上野には、たくさんの美術館や博物館がありますが、その代表格になるのがこの国立科学博物館です。館内は、宇宙の歴史や地球の歴史をいろいろな観点から楽しく学べル展示方法がされています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/08/01 公開