【関東】暑さにサヨナラ!自然豊かな涼しい避暑地

暑い夏は涼を求め避暑地へ行ってみませんか。休日にゆっくり過ごしたい人必見!自然豊かな避暑地で心身共にリフレッシュ出来る場所

スポンサーリンク

花園渓谷

茨城県北茨城市花川町花園

県立自然公園に指定されており、うっそうと生い茂る森林と澄んだ水辺が夏でも空気を涼しくする。四季を通じて植物を楽しめる場所でもある。

戦場ヶ原

栃木県日光市中宮祠

400ヘクタールにある広大な湿原地。山に囲まれたこの場所はハイキングコースとしても人気。夏でも涼しく過ごせる場所。

不動の滝

群馬県多野郡神流町黒田

崖を流れる滝、大中小と3つある。流れ落ちる時の水しぶきが外気を冷やす。少し険しい所にあるので注意して行くこと。

芳ヶ平

群馬県吾妻郡中之条町大字入山

ワタスゲやリンドウなどの高山植物が自生する湿原地。水の場所がたくさんあり、涼をとるには絶好の場所。新緑、紅葉など四季の風景を求めてくる人が多い。

尾瀬沼

群馬県利根郡片品村戸倉

噴火に伴ってできた堰止め湖。標高1650mで静かな所。夏には水芭蕉、ニッコウキスゲが咲く。夏でも少し冷えるくらいの涼しさ。

蛇喰渓谷

群馬県藤岡市下日野黒石

蛇行するように水が流れる渓谷。駐車場があり、トイレが整備されているので、休憩場所におすすめ。大蛇が岩を喰って渓谷を作ったという伝説がある。

霧降ノ滝

栃木県日光市所野

日光三名瀑に数えらる滝。高さ75mから霧を吹くように激しく流れる様から滝の名前が付いたと言われる。新緑と水しぶきが空気を涼しくさせる。

玉原高原

群馬県沼田市上発知町玉原高原

水芭蕉、ブナ林、紅葉、スキーが楽しめる通年型のリゾート地。都市部より2度近く気温が低い。夜は少し冷えそう。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/08/26 更新