【和歌山】自然がたくさん残されたスポットで涼しい時間を!

まだまだ天然の自然が沢山あります!身体全身にマイナスイオンを。緑と滝のコラボレーションを満喫して行きましょう!

スポンサーリンク

戸津井鍾乳洞

和歌山県日高郡由良町戸津井646

昭和20年まで採石場でした。古生代の石灰岩が地下水で浸食されて今日の鍾乳洞になりました。年間15℃なので夏でも涼しく全長100mですがちょっとした小探検気分が味わえます。

まぼろしの滝

和歌山県東牟婁郡古座川町西川

人里離れたかなり奥深い山の中にある滝です。滝壺に落ちる水量は少なめで冬場には滝が無くなるという説も有り、名前の由来となっています。緑に囲まれた林道を行きマイナスイオンたっぷり味わえるでしょう。

八草の滝

和歌山県白浜町久木

ハソノタキと読みます。日本の滝百選に選ばれています。日置川の山腹から22mの滝が流れています。険しい道を行き滝壺に行けば美しい滝とマイナスイオンに包まれて心安らぎます。

滝の拝

和歌山県東牟婁郡古座川町小川

古座川支流に1Kmに渡り浸食されたでこぼこ・大小の岩盤がありその間を澄んだ水が流れ落ちている。川の底には魚が泳いでいるのが見たり、自然が成し得た珍しい清流はマイナスイオンをたっぷりの場所です。

紀泉高原

和歌山県紀の川市中津川

大阪府と和歌山県の境にある高原です。山頂にはハイランドパークがあり園内展望台からは大阪・淡路島・和歌山とパノラマが一望できる。高原の風を感じ大自然のマイナスイオンの触れることができます。

玉川峡

和歌山県橋本市北宿

高野山へと続く国道に沿って流れている玉川渓流は県の名勝に指定され特にもみじの季節は色彩鮮やかな景色が堪能できます。川辺であゆやアマゴ釣りをして清流のマイナスイオンを身近に感じることができます。

ゆかし潟

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川

歌人の佐藤春夫に命名された湖でその名のとおり閑静で趣あるゆかしさという言葉があてはまります。自然が造り上げた空間に身を置いていると身体中にマイナスイオンを感じることができます。

桑の木滝

和歌山県新宮市相賀

熊野川支流高田川の桑の木谷にある長さ20mの滝。岩肌をなでるように水が落ちる様子は美しく神秘的で滝100選に選ばれたのも納得です。滝までの散策道を行けばマイナスイオンたっぷりの森林浴ができるでしょう。

那智の滝

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

那智の滝は熊野那智大社のご神体です。日本3大名滝の一つです。落差133mを水が落ちる様は荘厳で見る者を引きつけます。すさまじい水煙を遠目から見てもたっぷりのマイナスイオンを感じます。

生石高原県立自然公園

和歌山県海草郡紀美野町中田

関西百名山の石ケ峰にあるススキが一面に敷き詰められた高原です。ハイキングコースで山の植物や虫、鳥の観察ができ、広々として都会では味わえない空間でマイナスイオンを身体いっぱいに受けられます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/07/16 公開