【奈良】遺跡にあるのは日本人が築いてきた日本の背骨です

現代の生活があるのは、歴史の中に名前も残らないような人々が日々生活を営んできたから。彼らが作ったのは、日本の背骨です。遺跡で過去の生活や創作物、文化を感じ、私たちも未来の日本を支えていきましょう。

スポンサーリンク

桜井茶臼山古墳

奈良県桜井市外山

4世紀前半のものと考えられている歴史の重みを感じる古墳。前方後円墳の全長は約210メートル。広々とした鳥見山の麓にあり、大自然とともに雄大な歴史を感じることができる。昔の人々の息遣いが聞こえそう。

橿原考古学研究所附属博物館

奈良県橿原市畝傍町50-2

奈良県各地で発掘された遺跡を詳しく説明し、その出土品を分かりやすく展示しています。奈良は古代遺跡の宝庫と言われるくらい歴史の重みを感じることのできる街。最新の調査結果を踏まえての展示は大迫力です。

桜井市埋蔵文化財センター

奈良県桜井市芝58番地の2

奈良県桜井市から出土された土器などを展示し保護、研究している施設。特別展や親子で参加できるイベントも充実しているので、歴史好きなお子さんは大喜び。休日に一緒に学べるのは素敵ですね。

大神神社

奈良県桜井市三輪1422

大物主大神を御神体とする奈良のパワースポット。神社に必要な本殿はなく、三輪山を御神体としている。境内の様々ん場所から勾玉などが出土されており、歴史的にも重みがある。古代を感じる独特な三輪鳥居は必見!

藤ノ木古墳

奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺西2

こんもりとしたフォルムが美しい円墳。直径は50メートル以上、高さは9メートルもあり、国宝の馬具が出土するなど歴史的に重要な古墳の一つ。中の石室はガラス越しに見学可能。古代の空気を感じることができる。

新沢千塚古墳群

奈良県橿原市川西町

遊歩道を歩きながら歴史を垣間見ることのできる史跡公園。公園内に点在する丸い丘のような高まりはすべて古墳。約380基もあり、日本でも数少ない群集墳として有名。佇むだけで歴史を感じることができそう。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/04/29 公開