【北陸】遺跡で学ぼう!古代の「生活の知恵」

便利な世の中で生活していますが、更に快適に暮らせる知恵を昔の生活から学べるかもしれません。遺跡で古代の生活を学んでみて下さい。

スポンサーリンク

真脇縄文遺跡

石川県鳳珠郡能登町字真脇48-100

北陸最大の縄文遺跡。昔の人はイルカ漁をしていた?木製品や植物の種等生活を垣間見れるものがたくさん見つかっています。どれも興味深い。

鳥浜貝塚

福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

福井県三方駅から歩いて10分。自然の中に現れる縄文人の像を見たらそこが鳥塚貝塚。当時の人たちのゴミ捨て場が保存状態良くそのままに。美しい景色も堪能しながら歴史を見に行きたい。

チカモリ遺跡

石川県金沢市新保本5-48

縄文時代の人の木工技術は高かった!発見された環状木柱列のクリの木はどういう意味があるのだろう。想像力が膨らむ遺跡です。

不動堂遺跡

富山県下新川郡朝日町不動堂

美しい北アルプスを背にたたずむ遺跡。かつての生活を垣間見れる。ここに住んでいた縄文時代の人々と同じ景色を拝める。

北代遺跡

富山県富山市北代3871-1

北陸を代表する遺跡で縄文時代中期のもの。竪穴住居と高床建物が同じころに建てられた珍しいケース。縄文土器づくりや火起こしなどの体験をすることもできます。

長者ヶ原遺跡

新潟県糸魚川市大字一ノ宮1383

東京ドーム3個分もある大きな遺跡で食事、祈りの道具など様々な生活を知る手掛かりとなる物が見つかっています。体験学習もでき縄文時代の人になりきれるかも。

関連タグ
関連記事
2013/04/29 公開