【伊勢】伊勢をもっと深く堪能するためまずは楽しくお勉強

日本神話が未だに生活と密着している街、伊勢を楽しむ為には、まずご紹介のミュージアムで楽しみながらお勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

伊勢現代美術館

三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦湾場102-8

南伊勢町にあり、五ヶ所湾を望む静かなロケーションに位置する美術館。ゆったりとした時間が過ごせる場所である。別館では屋外音楽会も開催されている。

おかげ座

三重県伊勢市宇治中之切町52 おかげ横丁内

おかげ横丁の中にある、江戸時代のおかげ参りを体験できる場。当時は日本人口の5分の1の人が伊勢に押し寄せたという、その原因と方法などが明かされる。

神宮農業館

三重県伊勢市神田久志本町1754-1

人間と自然の産物との関わりをテーマにした、日本最古の産業博物館。鳳凰堂をイメージした和洋折衷の造りで、国の登録有形文化財になっている。

神宮徴古館

三重県伊勢市神田久志本町1754-1

国の重要文化財を含む13,000点もの資料が展示してある。伊勢の歴史を学ぶにふさわしい場所。重厚なルネッサンス調の外観も見ものである。

伊勢市立伊勢古市参宮街道資料館

三重県伊勢市中之町69

古市の町並みを歩く時には立ち寄りたい場所。日本の三大妓楼のひとつ「古市妓楼」の当時の資料がたくさん残っている。展示室は無料なので立ち寄りやすい。

斎宮歴史博物館

三重県多気郡明和町竹川503

斎宮に関する全ての資料を扱っている。中でも、原寸大の斎王の居室に十二単姿の人形は圧巻。シックなグレーを基調にした建物でアコヤ貝を使った天井もオシャレ。開館して20年余りと新しい。

伊勢和紙館

三重県伊勢市大世古1-10-30

全国の御神札に使う和紙を製造している大豐和紙工業の敷地内にある、伊勢・和紙の世界を堪能できる一角。インクジェット対応の和紙の展示もしている。

賓日館

三重県伊勢市二見町茶屋566-2

明治時代に賓客をもてなす宿泊施設として建築された豪華な建物。多くの皇族方も宿泊されている。現在は、拝観はもちろん、会議室や展示会場としても使われている。

お伊勢まいり資料館

三重県伊勢市宇治浦田1-15-20

昔のお伊勢参りの様子を和紙で作った人形で再現。その数は約3,000体以上とも。株式会社浜幸パール内の敷地内にある。

式年遷宮記念 神宮美術館

三重県伊勢市神田久志本町1754-1

平成5年の式年遷宮を記念して創設された美術館。その際に神宮に献納した絵画や彫刻などの作品が展示されている。2ヶ月毎に展示作品が入れ替わる。時間をかけてゆっくり鑑賞したい場所である。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/05/02 公開