【東京】夏休みに子供と行って学びたい体験施設

農業に触れ、防災を学び、陶芸などのものづくりを体験し、メカや科学に親しむ。子供と行って楽しみたい体験施設を集めました。

スポンサーリンク

深大寺陶芸教室

東京都調布市深大寺北町1-19-1

神代植物公園内、親子で陶芸を楽しんでみませんか。1日だけの体験コースは要電話予約。高校生以上なら電動ロクロに挑戦(※4名限定)、子どもは手びねりのみです。但し7月29~8月2日までは休業。

農業・農村ギャラリー

東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル4階

授業に取り入れられている『バケツ苗セット』がここで個人でも申込みできます(※但し栽培開始は4~5月頃が最適)。『バケツ苗作りコミュニティ』にアクセスすれば、夏休み中の栽培の悩みもみんなで解決。

新宿区立防災センター

東京都新宿区市谷仲之町2-42

いざ、大震災が起きた時に備えて、親子で避難場所の確認や方法を学べます。参加は大人も子どもも無料(※子どもは3歳から可)。夏休みは防災について親子で考える良い機会。都営地下鉄「曙橋駅」下車、徒歩5分。

杉並冒険遊び場☆のびっぱひろっぱ

東京都杉並区浜田山2-5-1

子どもの好奇心を存分に引き出してみませんか。年齢に関係なく好きな遊びを作り出す場所です。柏の宮公園と井草森公園、2箇所で行われます。※但し開催日は月数回、NPO法人日本冒険遊び場作り協会主催。

陶芸教室Futaba上板橋

東京都板橋区中台1-29-8-101

初心者でも丁寧な指導があるので安心。ロクロは手回しで子どもも使えます。作った作品は持ち帰って食器として使えます。親子で、また子どもだけの参加も可(※7歳から)。体験予約はホームページから。

キヤノンプラザS(品川)

東京都港区港南2-16-6 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 CANON S TOWER 2F

子どもの写真を上手に撮るテクニックが学べます。お気に入りの写真でオリジナルうちわ作成も(6~8月)。夏休みには子どもの自由研究に最適の『キヤノンキッズパーク2014』が開催されます(※親子参加)。

品川区防災センター 品川シアター

東京都品川区役所広町2-1-36 2階

大震災が予測されるいま、本当に大震災が襲ったらどうなるの?それを3D映像や映画で体感できるシアターです。また普段から備えておきたい防災用品の展示・あっせんも行っています。

コニカミノルタ サイエンスドーム(八王子市こども科学館)

東京都八王子市大横町9-13

親子で科学と触れ合う時間をここで。プラネタリウムでは、3歳から楽しめる映画の上映も行っています。親子で夜空を眺め夏の星座を探せば、子どもの科学への関心が引き出せるかも。

リスーピア RiSuPia

東京都江東区有明3-5-1

理数(りすう)は、本当はこんなに素晴らしく、面白い、をコンセプトに、パナソニックセンター東京内に開設された体感型ミュージアム。冷蔵庫や砂など、身近にある科学を探求するワークショップが開かれています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/07/10 公開