【東京】都内のじゃぶじゃぶ池がある公園30選!暑さも忘れて水遊び

プールに行きたいけど準備が大変と言うママ&パパに、公園のじゃぶじゃぶ池がおすすめ。水深の浅いじゃぶじゃぶ池ならば小さな子供も一緒に楽しめ、大人も足だけでも浸かれば気持ち良い!公園なのでアスレチックなどの遊具もあり、色んな遊びが楽しめます。

スポンサーリンク

総合レクリエーション公園

東京都江戸川区西葛西6-11〜南葛西7-3

東西に細長い総合レクリエーション公園の、虹の広場とフラワーガーデンで水遊びができます。虹の広場には全長50mほどの長い滝が流れ、滝の裏を散歩することもできとっても涼しげ。フラワーガーデンでは噴水に入って水遊びを楽しめます。

小松川境川親水公園

東京都江戸川区本一色1

木に囲まれた大きなじゃぶじゃぶ池の他、隣接している船をモチーフにした水上アスレチックが特徴的。水上アスレチックからハシゴや滑り台がじゃぶじゃぶ池へ直接降りており、子供にはたまらない遊び場となっています。

豊洲公園

東京都江東区豊洲2-1

子供の足首程度の水深なので、幼児でも安心して水遊びが楽しめます。鉄のオブジェの間をくぐったり、じゃぶじゃぶ池の真ん中にある椅子に座ったり、遊び方もたくさんです。

日暮里南公園

東京都荒川区東日暮里5-19-1

夏場には噴水広場一体がジャブジャブ池となります。そこで子どもを遊ばせながら、近くのベンチで過ごすのもおすすめです。

舎人公園

東京都足立区舎人公園1-1

夏には公園内にある浮球の池がじゃぶじゃぶ池になります。タイル柄がかわいい、なだらかなウォータースライダーも子供たちに人気のわけです。

林試の森公園

東京都品川区小山台2丁目6-11

夏場のシーズンにできるじゃぶじゃぶ池の底には、石でデザインされた動物みたいなものが隠れているので子供たちに人気です。

北鹿浜公園

東京都足立区鹿浜三丁目26番1号

北鹿浜公園内にある沢山の乗り物にのった後に、夏場に開業するジャブジャブ池でクールダウン出来ます。交通ルールも学べるのが嬉しいです。

木場公園

東京都江東区平野4-6-1

夏に嬉しい、ジャブジャブ池やバーベキュー広場、ドッグランなどがあって、売店があるのもポイントが高いです。

猿江恩賜公園

東京都江東区毛利2-13-7

野球場やテニスコートが利用出来たり、じゃぶじゃぶ池で遊んだり、木陰が多いのが嬉しいです。公園のシンボルであるトンガリ帽子の時計台が印象的です。

駒場野公園

東京都目黒区駒場二丁目19番70号

水遊びできるじゃぶじゃぶ池や、鳥を楽しめるバードサンクチュアリや、自然と触れ合うのにぴったりな公園です。

越中島公園

東京都江東区越中島 1丁目

越中島公園には珍しい流れるタイプのじゃぶじゃぶ池があります。水深は10~20cmと浅いので、小さな子供でも安心して遊べるじゃぶじゃぶ池です。屋根付きの休憩スペースもあって、ママも安心。

平和の森公園

東京都中野区新井三丁目37番6号

水深35cm、子供の膝丈程度のじゃぶじゃぶ池です。中野区でも2番目の広さのじゃぶじゃぶ池で、夏にはたくさんの子供たちで賑わいます。

新井薬師公園

東京都中野区新井5-4、4-15

児童館に隣接した公園。周辺は木が茂っているので、じゃぶじゃぶ池の上にはちょうど良い木陰も生まれます。熱中症にも気をつけたい夏にはぴったりの遊び場です。

駒沢オリンピック公園

東京都世田谷区駒沢公園1-1

夏期に入ると、噴水を中心に水あそびができるじゃぶじゃぶ池が解放されます。幼児用のサイクリング広場もあるので、水遊び以外にも1日使って遊べます。

新宿中央公園

東京都新宿区西新宿2丁目11番

都庁すぐ近くの公園です。じゃぶじゃぶ池からも都庁が見えます。子どもの足首あたりまでの水深なので泳ぐことはできませんが、なだらかな巨大滑り台や階段など遊び場は充実です。

戸山公園

東京都新宿区大久保3、戸山2・3

新宿でも最大級のおおきさのじゃぶじゃぶ池。なだらかで短いもののウォータースライダーがあり、子供達は浮き輪に乗って何回もスライダーを楽しんでいます。

都立潮風公園

東京都品川区東八潮一・二番

夏になると、公園南側にある噴水広場で水遊びをする子供たちの姿がみられます。お台場にある公園なので、レインボーブリッジも見えて景色も良い公園です。日陰が少ないのでママはしっかり日傘を持っていくのがおすすめ。

滝野川公園

東京都北区西ヶ原2丁目

高さ5mの滝から水が流れ落ち、自然の中に飛び込んだような気分で水遊びが体験できるじゃぶじゃぶ池です。

飛鳥山公園

東京都北区王子1丁目1

噴水の吹き出し口から勢い良く水があふれ、子供達は吹き出し口周辺でワイワイと水遊びを楽しみます。川の上流を思わせるような、大きな岩やちょっとした滝があるエリアもあり、こちらは上級生がよく遊んでいます。滝修行のような遊びをする子も。

北区中央公園

東京都北区十条台1-2-1

北区の中でも比較的大きめなじゃぶじゃぶ池です。木に囲まれているので、木陰も多く付き添いママ&パパには嬉しい休憩所になります。

清水坂公園

東京都北区十条仲原4-2-1

池の上にかけられた橋の真ん中から、池に向かって放水され上から落ちてくる水にワイワイと楽しんで遊べるじゃぶじゃぶ池です。橋の下をくぐれば渓流を想像させるまた違う遊び場もあります。上流を目指して必死に登る子供の姿がみられます。

浮間公園

東京都板橋区舟渡2丁目15

じゃぶじゃぶ池というよりもプールに近い水遊び場。木に囲まれていて、遊び場には木陰ができ涼しげです。屋根のついた休憩場もあって、付き添いママ&パパも助かります。

赤塚公園

東京都板橋区高島平3-1

朝顔の花のような噴水から水が溢れ、噴水の周りで水遊びができます。ジャブジャブ池は噴水を囲って2段階になっており、噴水に一番近い段は大人の脛程度の深さ、その外側は足がちょうど浸かる程度の水深。大人は噴水の縁に腰掛けながら、足を水につけて子供が遊ぶ姿を見守る姿も。

大泉中央公園

東京都練馬区大泉学園町九丁目

ピラミッドのような噴水の頂上から水が大量に溢れ、その周辺で子供達が水遊びを楽しんでいます。ピラミッドから流れた水は浅いプールにつながっており、そこでは小さな子供がパシャパシャと水遊びを楽しみます。

夏の雲公園

東京都練馬区光が丘3-5-1

下に向かってうずまき状になっている水遊びの中央から、水が溢れ出しているじゃぶじゃぶ池。中央から遠いほど水深は浅くなるので、小さな子供は外側に、上空雨制は真ん中でパシャパシャと水遊びを楽しみます。

天王公園

東京都荒川区南千住6-67-21

公園を入った正面に見える大滝では、夏になると多くの子供達が水遊びを楽しんでいます。滝の裏は滝のトンネルになっていて、滝の裏から飛び出したり、滝に打たれたりと楽しみ方は千差万別。

荒川自然公園

東京都荒川区荒川8-25-3

じゃぶじゃぶ池というよりも、無料で楽しめるプールがあります。1時間の入れ替え制で、1日に5回利用時間があります。大人の膝上ほどある水深で、子供は泳ぐこともできぱしゃぱしゃとたっぷりの水で遊ぶ子供の姿がみられます。

下河原公園

東京都足立区東綾瀬1-11-12

別名鬼公園とも呼ばれている公園。なぜ鬼公園かというと、鬼の顔をした岩が特徴的なじゃぶじゃぶ池があるんです。鬼の口から水がでてき、子供達は鬼の顔周辺でわいわいと水遊びを楽しんでいます。怪獣から水の出る噴水もあり、無料とは思えない、ちょっとしたアミューズメントじゃぶじゃぶ池です。

立野公園

東京都練馬区立野町32-1

水深の浅いじゃぶじゃぶ池と、四角いポールから水が勢い良く出る噴水広場の2つの水遊び場があります。噴水広場ではわざと水に当たりに行ったり、吹き出す水の下をくぐって遊んだりと子供達はとても楽しげ。じゃぶじゃぶ池の周辺は芝生に囲まれているので、レジャーシートを広げて休憩しても良いですね。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/08/04 更新