【京都】意外にたくさん並ぶ、京都の中華そば名店の数々

京都には中華そばの名店が、意外にたくさんあります。そんな名店のなかでも特に選りすぐりの名店を集めてみました。

スポンサーリンク

大宝

京都府京都市下京区大坂町404

鶏がらからとったスッキリとしたスープと、適度な背脂が絶妙です。細麺を使用しているので、スープの絡まりがとてもいいです。

天天有 本店

京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町49

平打ストレート麺に茶濁した鷄ガラ醤油スープです。少しとろみがあって濃厚な味わいです。チャーシュー、メンマ、モヤシに刻みネギがのりとシンプルながら、スープや麺によく合います。

新福菜館本店

京都府京都市下京区東塩小路向畑町569

昭和19年創業の老舗ラーメン屋です。関西では珍しい濃口醤油スープが特徴です。見た目とは違いコクがあります。麺はやや丸みのある太麺です。また、黒いラーメンスープで炒めたチャーハンも人気です。

中華そば高安

京都府京都市左京区一乗寺高槻町10

鶏と豚骨を丸一日煮込んだスープは白濁色です。見た目とは違い、こってりし過ぎず臭みがなく、甘みのあるまろやかなスープです。麺は細目のストレートで、スープにとっても合います。

中華そば専門店 珍龍

京都府京都市西京区下津林六反田4-9

地元の人に愛されている濃厚な背脂系醤油ラーメンで、アクセントにピリっとした辛味と背脂の甘さが絶妙で食欲をそそります。トッピングはチャーシューとメンマと青ネギとシンプルですが、スープによく合います。

東東

京都府京都市西京区上桂前田町9

スープはまろやかな豚骨醤油で、臭みやクドさはありません。トッピングは、ネギ・チャーシュー・メンマ・モヤシとシンプルで、オーソドックスで昔ながらのラーメンです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/07/04 公開