【関東】江戸末期から明治の文明開化をミュージアムで体験

江戸末期から明治にかけて、明治の文明開化は、人々の生活に大きな変を生みました。彼らの生活、その中で生まれてきた産業、技術を、地域それぞれの観点から見せてくれるミュージアムが関東にはたくさんあります。

スポンサーリンク

千葉県立房総のむら

千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

参加体験をベースとした博物館。蕎麦打ち、べっ甲飴作り、張子作成、草取り鎌製作、左官の体験、ろうそくや藁ぞうり作りなど他にも多数の体験学習ができる。

所沢航空発祥記念館

埼玉県所沢市並木1-13

航空機の発祥と生い立ちを紹介。工作教室ではブーメランや落下傘、紙飛行機などを作成。スペースウォーカーも体験できる。時期によりYS11機などを一般公開する場合もある。

常陸風土記の丘

茨城県石岡市染谷1646

石岡市の歴史や文化の伝承を行いつつコミュニティを広げられる場所。桜やさつき、ゆり祭りの他菊花大会も開催。蕎麦打ちや藍染の体験もある。江戸時代の家屋が食事処になっている。

日本工業大学工業技術博物館

埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1 日本工業大学内

国内産業の発展に貢献した歴史的な機械類を集め、実際に触れたり動かすことができる。蒸気機関車の有火運動も行われる。国の登録有形文化財が多数展示。

国立歴史民俗博物館

千葉県佐倉市城内町117

3万5千平方mの敷地に原始から現代まで6つの展示室に分けて日本の歴史・文化について解りやすく展示し、出土品や模型、実物資料なども豊富に揃えてある。

箱根関所資料館

神奈川県足柄下郡箱根町箱根1

国指定史跡であり、資料館には関所に纏わる古文書や武器などを展示。大番所や足軽番所、井戸に民家、高麗門など箱根関所の詳細な報告書を元に復元。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/04/26 公開