【全国】江戸という時代を今残る遺産でたどるミュージアム

江戸時代は、私たち日本人が日本という国を真向から考えた時代です。その時代の名残を今に残す様々な資料を、これからの道しるべにしてみたいと思うのなら一度訪れてみませんか。

スポンサーリンク

深川江戸資料館

東京都江東区白河1-3-28

江戸時代の深川の町を復元。演出効果により季節感さえも味わえるよう工夫してあるので四季を通じて江戸の趣を楽しめる。

小平ふるさと村

東京都小平市天神町2丁目57番地

江戸の初期から後期までを時代を順繰りに再現しており、流れに沿って時代を知ることができる。当時の年中行事の再現も楽しめる他、時折小平糧うどんを楽しむこともでる。

岡本公園民家園

東京都世田谷区岡本2-19-1

火が実際に炊かれた囲炉裏のある江戸時代の古民家を見学することができる。民具に触ることも可能で、子供から大人まで体感で江戸時代を楽しめる空間。

次大夫堀公園民家園

東京都世田谷区喜多見5-27-14

江戸時代後期の農家を再現してあるだけではなく、春には豪華なお雛様を飾ったり、はた織物を無料で体験できるなど当時の風習に実際に触れることのできる場所。

千葉県立房総のむら

千葉県印旛郡栄町龍角寺1028

房総の昔ながらの風習を見たり体験することができる。飯屋や小間物屋など商いの町を復元し、武家屋敷や農家が多数設置してある。資料館には房総の歴史が展示。

関連記事
2013/04/25 公開