【関西】一度は行ってみたい!織田信長ゆかりのスポット。

戦国武将の織田信長に興味を持った方にオススメの、人気有名スポットを取り揃えてみました。気なった方はぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

大雲院

京都府京都市東山区祇園町南側594-1

織田信長とその息子信忠の菩提を弔うために建てられた寺院です。祇園閣を背に佇む本堂は明治初期に復建以来その姿を変えず、趣があります。

浄厳院

滋賀県近江八幡市安土町慈恩寺744

安土城築城の際に創建した、浄土宗の総本山と言われている寺院です。本堂には本尊木造阿弥陀如来像が安置されており、荘厳な佇まいです。

本能寺

京都府京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522

織田信長を語る上で欠かせない存在のお寺で、法華宗の大本山でもあります。鉄砲や火薬の調達、そして天皇とのパイプを築く拠点として好んで利用していたと言われています。

此付近慶長天主堂跡

京都府京都市上京区油小路通元誓願寺角元図子町

キリスト教布教のために建てられたお堂があった場所で、かつて信長も布教活動を保護していたと言われています。その後徳川幕府に焼き払われてしまったため、現在は駒札が残るのみです。

明智光秀の塚

京都府京都市東山区梅宮町 明智藪

本能寺の変で織田信長を討った明智光秀が後に豊臣秀吉に敗れ亡くなった際に、家来が光秀の首を埋めたとされる場所です。駒札のみが建てられています。

蓮臺山 ※そう見院 阿弥陀寺

京都府京都市上京区寺町通今出川上る四丁目鶴山町14

織田一族の菩提寺であり、今も織田家中百数名の位牌が供養されています。毎年6月2日のみ中を拝観することができ、寺宝も公開されます。

建勲神社

京都府京都市北区紫野北舟岡町49

織田信長を祀るために、明治天皇の命により建てられた神社です。平安京の北の基点である小高い丘にあり、眺望も楽しめます。

大徳寺総見院

京都府京都市北区紫野大徳寺町53

織田信長を弔うため、秀吉により建てられた寺院です。通常非公開ですが、年に数回特別に公開され中を拝見することができます。

姉川古戦場跡

滋賀県長浜市野村町

かつて信長と同盟を組んできた浅井長政が、後に争い戦場となった場所です。現在は石碑が建てられているのみですが、信長ゆかりの地として有名な場所の一つです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/06/28 公開