【北陸・甲信越】昔の人々が切り開いた峠に訪れてみたい

昔の人々が行き来するために切り開いた峠。様々な峠を訪れたならその人々の想いが少し感じることができそうです。

スポンサーリンク

大菩薩峠

山梨県甲州市塩山上萩原

この名前を知る人は、多いかもしれません。小説「大菩薩峠」で有名。大パノラマを望む展望が見事で、ハイキングにも人気。

木の芽峠

福井県南条郡南越前町二ツ屋

福井県は嶺北と嶺南に分かれると言いますが、その境となるのがこの場所。越前の玄関口だった番所があります。近くの「言奈地蔵」には不思議な民話も伝わります。

分杭峠

長野県伊那市長谷

古くは現在の静岡県浜松市にある秋葉神社へ向かう道として利用されていた、街道のひとつだそうです。断層谷を利用した道で、近年はゼロ磁場のスポットとしても有名との事。

九蔵峠

長野県木曽郡木曽町開田高原西野

御嶽山は長野から岐阜にまたがる壮大な成層火山。ここの展望台から、その雄大な姿が一望できるそうです。新緑、紅葉の季節は特に人気。

塩之入峠

新潟県長岡市与板町本与板塩乃入

五合庵から与板方面へ向かう途中にあるという峠で、かつては難所だったと言います。古の人がここをどう思っていたか、良寛の歌などによく表れています。

権兵衛峠

長野県上伊那郡南箕輪村8308-21

かつては今以上に重要な食べ物とされていたお米だけに、ここも重要とされていた事でしょう。伊那から木曽へとお米を運んだという道です。

馬籠峠

長野県木曽郡南木曽町吾妻妻籠

現在はバスでも行く事ができ、ゆっくりとしたハイキングができる場所として知られるここは、旧中山道の峠のひとつ。正岡子規の句碑なども立ち寄りたい場所。

鳥居峠

長野県木曽郡木祖村

標高が高く、山深い中でのハイキングは癒しを求める現代にあってはいっそうの人気のようです。森林浴をしながら、のんびりと過ごせます。

御坂峠

山梨県笛吹市

富士山の美しい場所を眺める事ができる地は今でも多くありますが、昔からここもそうだったのでしょう。河口湖を眼下に望む事もできます。太宰治ゆかりの茶屋もあります。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/07/17 公開