【関東】徳川家康ゆかりの地を巡ってみよう

徳川家康ゆかりの地はパワースポットとしても注目されています。何かと気忙しい時代。そんな現代こそ家康ゆかりの地をめぐってみてはいかがですか?

スポンサーリンク

日光東照宮唐子・聖賢の彫刻

栃木県日光市山内2301

陽明門に施された彫刻は、唐子の知恵遊びや中国の逸話などを題材にしたものが多いです。徳川家康の理想を表したと伝えられ、彫刻に物語もあるのでじっくり観るのも楽しめます。

湯島天神

東京都文京区湯島3-30-1

菅原道真を祀る神社で、徳川家康が江戸入りの際に神領五石を寄付したと伝えられています。泉鏡花作の名作「婦系図」の舞台として知られており、鏡花の筆塚もあります。

日光東照宮宝物館

栃木県日光市山内2280

御祭神でもある徳川家康の遺愛品をはじめ、奉納品や祭器具などを収蔵・展示公開しています。多くの国宝や重要文化財を見ることが出来ます。

日光東照宮五重塔

栃木県日光市山内2301

塔の中心に心柱と呼ばれる柱が据えられ、優れた耐震性が高く評価されています。東京スカイツリーにもこの心柱制振という、耐震システムを応用して建設されたそうです。

初音森神社

東京都墨田区千歳2丁目4-8

創建は元弘年間といわれ、江戸初期まで鎮守として祀られていました。商売繁盛の神様として信仰され、今での多くの参拝者が訪れます。

川勾神社

神奈川県中郡二宮町山西2122

別名:二宮明神社とも呼ばれており、「延喜式」にも記載されている神社です。境内には夫婦杉があり、縁結びや安産祈願の神木として崇められています。

芝東照宮

東京都港区芝公園4丁目8番10号

徳川家康を御祭神に祀る、日光東照宮などと並び四大東照宮のひとつに数えられる場所です。芝公園の一角にあり、徳川家光が植樹したといわれる神木の大イチョウもあります。

奥社(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301

御祭神として祀られている徳川家康の墓があります。青銅の鳥居をくぐった右手に銅神庫があり、江戸時代には刀や甲冑などの貴重な神宝を収蔵していました。

大円寺

東京都目黒区下目黒一丁目8番5号

寛永年間に大海が創建したのが始まりと伝えられるお寺です。明治時代に起こった火事の火元となってしまったこともあります。大火犠牲者供養の羅漢像もあり、それぞれの表情を楽しむことも面白いです。

伝通院

東京都文京区小石川3-14-6

約600年と長い歴史を持つお寺です。徳川家康の母が逝去した際に、菩提寺として定められたといわれています。境内には、徳川家に縁ある女性たちの墓も数多くあります。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/06/21 公開