【茨城】侘びと寂びを堪能するのは花のお寺で一息が一番

意外と身近にある日本の侘び寂びの世界に溶け込んでホッと一息つきましょう。花と緑に調和した、趣あるお寺のご紹介。

スポンサーリンク

一乗院

茨城県那珂市飯田1085

北関東の花の寺めぐり7番とされているお寺です。今の季節はツバキ・サルスベリ・もくせいなどが見ごろですよ。

般若院

茨城県龍ケ崎市根町3341番地

徳川家光のとき、雨乞いで江戸の大干ばつを救ったとして「虎の尾」を拝領しています。1525年頃に現在の場所に移されたそうです。

長福寺

茨城県久慈郡大子町頃藤3357

奥久慈七福神の一つで寿老人を祭っています。健康・長寿の神として有名でお寺の花は花菖蒲です。予約制ですが、精進料理も頂く事が出来ますよ。

如意輪寺

茨城県笠間市上市原942

花の寺と呼ばれていて、冬のぼたんが有名です。厄除け・方位除けの祈願や供養も行われています。十二支守本尊も通販で販売されています。

笠間稲荷神社

茨城県笠間市笠間1

笠間稲荷の御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)で、正一位という最高の位をもつ神様です。一年を通して行事があり、いつ参拝しても何がしか行われていますよ。

無量寺

茨城県常総市菅生町5028

鎌倉時代からの由緒あるお寺です。とくに聖徳太子の立像は16歳の時の姿が現されています。東国花の寺百ヶ寺とも言われ庭園は自然いっぱいです。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/04/25 公開