【東海】歴史的建造物を巡って楽しむおすすめのドライブスポット

積み重ねた歴史の重さを感じることが出来る歴史的建造物。そんな歴史的建造物を巡って楽しむのにおすすめのドライブスポットが東海に有ります。

スポンサーリンク

小栗家住宅

愛知県半田市中村町1-18

建てられたのは明治初年頃と推定される主屋だそうです。寄棟造り棧瓦葺の屋根が特徴的。国の登録有形文化財にも登録。

旧東海道有松

愛知県名古屋市緑区

旧東海道宮の宿のひとつで、江戸から数えて40番目の宿駅だったという場所です。旧東海道の街道筋の面影もかすかに。

うだつの上がる町並み

岐阜県美濃市加治屋町1959-1

伝統がある、岐阜県の美濃和紙を使ったあかりアート作品を展示している場所です。建物内部も落ち着いた雰囲気が漂います。

ねじり橋

三重県いなべ市員弁町

大正5年からあると言いますから、長い歴史を感じさせてくれます。正式名称を「六把野井水拱橋」、その形状からの呼び名です。

一色機関銃陣地

愛知県田原市和地町

訪れたら、郷愁を誘うような雰囲気が漂ってくるのだと言います。岩をくりぬいた跡と入り口のコンクリートが、独自の光景をつくります。

苗木城跡

岐阜県中津川市苗木

木曽川の右岸に一段と高くそびえる城山に築かれていたというお城の跡。そのために建物の構築方法も自然を生かした特殊なものだったようです。

気象塔兼展望塔

愛知県田原市小中山町

通称は「六階建て」というのだとか。かつてはその名の通り気象観測兼展望塔として使われていたという事です。

本丸丑寅櫓

愛知県西尾市錦城町

かつての三河国幡豆郡西尾にあった、西尾城のシンボルともいえるという建物です。歴史の光景を、いろいろと思い浮かべます。

掛川城

静岡県掛川市掛川1138-24

ここもまた、戦国の世にはじまったお城です。「東海の名城」とも呼ばれる美しい姿が、復元されて見る事ができます。

大垣城

岐阜県大垣市郭町2-

麋城、巨鹿城という異名も持つお城がかつてこの場所にありました。関ヶ原の戦いでも重要な役割を担ったのだと言います。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/05/26 公開