【東京】芸術に触れて心を豊かにする、東京の美術館

週末、ゆったりとお出かけしたいときには美術館がおすすめです。東京のゆっくり過ごせる美術館です。室内なので雨の日デートも使えます。たまには芸術に触れて大人なデートを楽しみませんか?

スポンサーリンク

板橋区立美術館

東京都板橋区赤塚5丁目34-27

昭和54年に開館した美術館。ゆったりと落ち着いた空間で、江戸狩野派の作品や板橋区にゆかりのある芸術家の作品を見ることができるのが魅力。

多摩美術大学美術館

東京都多摩市落合1丁目33-1

国やジャンルにとらわれない、多くの芸術作品を鑑賞できるのが魅力の美術館。ワークショップや公開講座などもあるので、参加して、より深く芸術に親しむのもいいかも。

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階

新宿駅からのアクセスも抜群の、損保ジャパンビルの42階にある美術館。東郷青児の作品を多く収蔵しているのが特徴。都心のオアシスのような美術館で、ゆったりとした時間を過ごすのもいいかも。

御岳美術館

東京都青梅市御岳本町1-1

御岳渓谷遊歩道の近くにある、可愛らしい雰囲気の美術館。日本の近代美術を中心としたさまざまな作品を見ることができるのが魅力。アットホームな雰囲気のなかで、のんびりと芸術を味わう時間を過ごせそう。

竹久夢二美術館

東京都文京区弥生2-4-2

鹿野琢見が集めた竹久夢二のコレクションを見ることができる私設美術館。大正ロマンを感じる、趣ある建物の中で、優雅な時間を過ごせるのが魅力。年4回の企画展もおすすめ。

光が丘美術館

東京都練馬区田柄5丁目27-25

丁寧に整えられた美しい緑に囲まれた、静かな美術館。ゆったりと落ち着いた空間で、じっくりと感性を研ぎ澄ます時間を過ごせるのが魅力。

結工房 田嶋宏行記念美術館

東京都世田谷区大蔵1-13-14

田嶋宏行の力強く繊細な作品をじっくりと堪能できるのが魅力の美術館。700点あまりの作品の中から選ばれた作品が毎月入れ替わるので、なんどでも訪れてみたくなる。

玉堂美術館

東京都青梅市御岳1の75

河合玉堂の作品を保存展示している美術館。繊細な日本画をじっくりと楽しめるのはもちろん、玉堂の15歳から84歳までの作品を通してより深く感性を刺激される体験ができるのが魅力。

郷さくら美術館 東京

東京都目黒区上目黒1-7-13

現代日本画に特化した美術館では、テーマごとの「コレクション展」という形式で多くの作品を展示している。迫力のある精密な日本画を堪能する、ゆったりとした時間を過ごせそう。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/05/23 公開