【山梨】武田家由来のお寺や日蓮宗の名刹が巡れます。

甲斐の武田家由来のお寺巡りをして、歴史に思いを馳せることが出来ます。また日蓮宗総本山の名刹は、訪れる人を仏の世界に導く威厳を感じますね。

スポンサーリンク

古長禅寺

山梨県南アルプス市鮎沢505

臨済宗妙心寺派のお寺で、幼少時の武田信玄が参禅研学した場所と言われています。重要文化財に指定されている木造夢窓疎石坐像や、国指定の天然記念物のビャクシンは圧巻。

身延山久遠寺

山梨県南巨摩郡身延町身延3567

日蓮宗の総本山として知られ、年間通して多くの参拝客で賑わいます。武田信玄が自署を加えた法華経を奉納したと伝えられています。境内に咲く樹齢400年のしだれ桜が美しい事でも有名。

景徳院

山梨県甲州市大和町田野389

1583年甲斐国の国主、武田勝頼は、織田信長・徳川家康連合軍の侵攻により敗れ、武田氏終熄の地となった野田集落にあります。武田一族と家臣の冥福を祈る為に、徳川家康によって建立されたもの。

願成寺

山梨県韮崎市神山町鍋山1111

武田氏の始祖である武田信義の祈願所で、付近には武田八幡宮のほか、鍋山山頂には武田信義築城と言われる白山城跡が存在するなど、武田氏ゆかりの史跡が多い事でも有名です。

大蔵経寺

山梨県笛吹市石和町松本610

722年に開山し、室町時代には足利義満の庶子と伝わる観堂により再興され、応永年間(1394年ー1428年)に武田信成により再興、大蔵経を奉納された事に由来し、現在の名前になったとされています。

東光寺

山梨県甲府市東光寺三丁目7-37

創建は不明ですが、1121年源義光が国家鎮護と仏法繁盛の祈願所として諸堂を再興したと言われています。その後、武田信玄により保護、再興され、義信を幽閉した寺として知られています。

恵法寺

山梨県笛吹市石和町四日市場2282

室町時代後期、足利義晴・義輝の戦国時代に恵月院日真尼が開山したお寺。日真尼は武田信虎・信玄の側近で参謀としても知られています。1907年に笛吹川の水害で被害を受けましたが戦後に復興されました。

塩澤寺

山梨県甲府市湯村3丁目17-2

真言宗智山派の寺院。毎年2月13日から14日にかけて行われる厄除地蔵大祭で有名で、地元では厄地蔵さんの名前で親しまれています。国指定の重要文化財「塩沢寺地蔵堂」をはじめ、有形文化財なども。

能成寺

山梨県甲府市東光寺町2153番地

武田信玄により定められた、武田家に特に縁の深い五寺を選び「甲府五山」とした内の1つ。武田信守の開基で、信守の墓もこちらに。甲府駅からゆっくり歩いて20分程度の為、散策にも最適。

清光寺

山梨県北杜市長坂町大八田6600

長坂町の指定文化財で、歴史資料として寺社や道ばたに立てた、禁止令や命令を墨書きした気の札「制札」が2枚現存しています。その内の1つが武田勝頼が寺院内での殺生や乱暴な行いを禁じた制札です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/04/16 公開