【関西】地域の文化を感じることが出来る旧家を巡ってみよう。

旧家は、地域の文化を静かに語ってくれる魅力的な歴史的建造物です。関西にある旧家を巡って、地域の文化を感じに行きましょう。

スポンサーリンク

倚松庵

兵庫県神戸市東灘区住吉東町1丁目6-50

細雪の舞台とも言える、著者の谷崎潤一郎が家族と過ごした家です。当時の生活をそのまま復元し、歴史に触れることができます。

箱木千年家

兵庫県神戸市北区山田町衝原1-4

昭和後期まで実際に人が住んでいて、現存する民家の中では最古のものと言われています。山と湖に囲まれ、風情があります。

伊佐家

京都府八幡市上津屋浜垣内65

江戸時代に使用されていた庄屋伊佐家の住居です。茅葺き屋根の厚みは2mにも及び、特徴的な雰囲気を出しています。

岩倉具視幽棲旧宅・対岳文庫

京都府京都市左京区岩倉上蔵町100

岩倉具視が暗殺の難を逃れるために身を隠したと言われている邸宅です。現在は博物館があり、当時の様子を展示しています。

堺市立町家歴史館 山口家住宅

大阪府堺市堺区錦之町東1丁2-31

江戸時代から残る数少ない町家の一つで、重要文化財に指定されています。中は広く開放的で、当時の堺の生活がうかがえます。

拾翠亭

京都府京都市上京区京都御苑内

九条家の建物の中で唯一現代まで残っているものです。当時は茶室として使われていて、部屋からは勾玉形の池を眺められるようになっています。

山紫水明処

京都府京都市上京区東三本木通丸太町上ル南町

頼山陽が書斎権茶室として使用していた建物で、東山や鴨川など見晴らしも良いです。また、当時にしては珍しい、川から水を引く降り井が作られています。

仲村家住宅

大阪府富田林市富田林町16-31

吉田松陰らも訪れたと言われている河内一の造り酒屋です。瓦葺きの屋根が美しく、府の有形文化財にも指定されています。

葛原家住宅

大阪府富田林市常盤町1-12

大正時代に建てられたモダンな洋風建築です。当時流行した急勾配の切妻屋根が目にとまります。現在は非公開です。

大庄屋上野家

京都府舞鶴市字西方寺285

江戸時代に建てられた瓦葺屋根を再生し、昔ながらのふるさとの味を提供しています。地元で採れたお米や野菜にこだわり、地酒の販売なども行っております。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/04/11 公開