【東京】近代的東京に残されている歴史の散策

近代化が進んだ東京。しかしそんな東京に残された味わい深い歴史的遺産。近代とのギャップを楽しむそんな散策をまとめました。

スポンサーリンク

圓乗寺

東京都文京区白山1-34-6

境内には「八百屋お七」で有名なお七の墓があると伝えられるお寺。都会にありながら、そのノスタルジックな雰囲気が感覚をタイムスリップさせてくれます。

堀辰雄住居跡

東京都墨田区向島3-36-7

昭和時代初期に活躍した作家、堀辰雄が住んでいた住居の跡。その小さな玄関は「雀のお宿」と呼ばれ、国内外から様々な観光客が訪れます。

無縁坂

東京都文京区湯島4-12

作家森鴎外の小説にもたびたび登場したことや、さだまさしさんの歌でも歌われるなど、その風景がドラマチックな無縁坂。一度は訪れたい名所です。

長寿寺

東京都江東区亀戸3-10-2

その名の通り、長寿にご利益のあるお寺。亀戸で古くから愛され続け、地元の人に大切にされてきた由緒正しきお寺です。

菊寿堂いせ辰 谷中本店

東京都台東区谷中2-18-9

江戸千代紙を専門に扱い、伝統文化を今に継承してきた重要な存在のお店。眺めているだけでもきれいな商品が揃います。

漱石公園

東京都新宿区早稲田南町7

園内には作家夏目漱石が最期を過ごした「漱石山房」があり、ここで作品が執筆されたと言われます。ファンにはたまらないスポットです。

遠州家

東京都品川区南品川2-8-16

地元でも人気の老舗和菓子店です。名物は「閻魔いなり」そのボリュームと味付けには、多くのファンがいます。

とうかん森

東京都日野市石田1丁目

地元で代々守護神として慕われる神が祀られており、日野市の文化財としても大切にされているスポットです。

東京大学小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科付属植物園)

東京都文京区白山3丁目7番1号

東京大学の敷地内にある植物園。都会のオアシス的な存在のこの植物園では季節ごとに様々な植物がみられ、多くの人の目を楽しませてくれます。

三十間堀跡

東京都中央区銀座8-13

戦後まで貿易や交通の要所として使用されていた三十間掘。S年後には埋め立てられてしまいましたが、今でもそこへ行くと当時の雰囲気を少しだけ感じることができます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/04/12 公開