【東京】四季の移ろいを楽しめる東京の花の名所です。

春から夏、秋へと季節の移ろいに合わせて、様々なお花を楽しめます。それぞれの花の名所を巡ってみて下さい。東京の街の花と緑の多さに驚くかもしれませんよ。

スポンサーリンク

練馬区立平成つつじ公園

東京都練馬区練馬1- 17-6

3月下旬から5月下旬にかけて咲く、多種多様なつつじが見られる公園です。色とりどりの華やかな空間でリラックスしてみては。

光厳寺

東京都あきる野市戸倉328

樹齢約400年のヤマザクラを見ることの出来る光厳寺。幹周りが5メートルの大木の脇には可愛らしい菜の花も。

神代植物公園

東京都調布市深大寺元町5-31-10

四季折々の花々が集まる植物園です。ウメやサクラ、ヤマツバキといった、多くの種類の花が迎えてくれます。

としまえん あじさい園

東京都練馬区向山3-25-1

青や紫、ピンクといった色とりどりのあじさいを見て楽しむことができます。あじさいの季節にはフォトコンテストも行われており、写真家を刺激しています。

板橋区立熱帯環境植物館

東京都板橋区高島平8-29-2

マングローブやニッパヤシなど約700種2000本の植物を眺められる潮間帯植生ブースや、熱帯低地林を再現したブースなど、ここでしか見られない独特な植物が並んでいます。

府中市郷土の森博物館

東京都府中市是政6丁目27

長野のシラカバや秋田スギなど、県に選ばれた木々が見られるスポットです。都道府県を代表する県木を一箇所で見られるとあって、家族連れで賑わっています。

葛西臨海公園

東京都江戸川区

水仙や梅の花、コブシの花など、四季折々の花々が見られる公園です。緑が多くジョギングやバーベキューに適しています。

足立区都市農業公園

東京都足立区鹿浜鹿浜2-44-1

河川敷花壇や熱帯温室、ハーブ園のある人と自然の共生館など、多くの緑を感じられる公園です。江北の五色桜資料展示室もあり、自然と人とを考えられる展示物も多数あります。

府中市郷土の森公園 修景池の蓮

東京都府中市矢崎町5-5

2000年以上も昔の地層から採取された、大賀ハスを見ることが出来る貴重なスポットです。直径25センチの大きな蓮の花は古代の姿をそのまま伝えています。

羽根木公園

東京都世田谷区代田4-38-52

小高い丘の公園には約650本の梅の木が植えられ、季節には梅まつりが行われ、非常に人気があります。静かな住宅街に位置するのでゆっくりと穏やかな時を感じながら見ることができます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/04/02 公開