【京都】京料理の美味しさの秘訣はこの町の調味料?

伝統の調味料は、日本料理の奥深さの象徴です。出汁の文化、発酵食品の文化を受け継ぐ、京都の調味料のお店です。

スポンサーリンク

石野味噌

京都府京都市下京区油小路通四条下る石井筒町546

創業1781年と言う伝統の「石野どす」製法を使った白味噌のお店。現在も蔵の横にある湧水を利用して製造している。

山田製油

京都府京都市西京区桂巽町四番地

こだわりのごま油を製造販売。安全を最優先に心がけ、無添加・無農薬は勿論、放射能測定なども徹底して行っている。

本田味噌本店

京都府京都市上京区室町通一条上る小島町558

江戸時代から約200年続く伝統の味噌を製造販売している。自然の恵みを大切にし、余計な添加物は一切なしで作る白味噌は絶品。

ツバメ食品

京都府京都市南区東九条西明田町26

昭和5年創業の地元で愛されるソース専門のお店。工場見学も可能で、毎年子供たちが見学に訪れる。用途にあわせた様々なソースを製造している。

村山造酢

京都府京都市東山区三条通大橋東三町目2

加茂川の清流を使って、伝統の酒造製法を使った料理酒「千鳥酢」を製造販売している。混ぜ物なしの昔ながらの製法で京料理にあう味。

七味家

京都市東山区清水二丁目産寧坂角

350年の歴史を誇る「七味調味料」を販売製造しているお店。現在では七味以外にも一味やゆず一味、山椒、さらにご飯の共なども販売。

長文屋

京都府京都市北区北野下白梅町54-8

北野にある七味調味料などを製造販売している店。うどん等を食べる時にこちらのお店のマイ一味を持参する地元の人もいるとか。

西川油店

京都市下京区油小路七条下油小路町286京都府

江戸時代から160年余も続く老舗の油屋さん。建物、看板は明治・大正を思わせるレトロで和風の趣があります。

おちゃのこさいさい

京都府京都市東山区清水三丁目316-4

京都伝統の調味料を扱うお店。七味、一味は勿論、山椒に胡麻だれ、ちりめんなど、料理やご飯の共に試してみたい1品揃い。

だし工房 宗達

京都府京都市中京区雁金町375-4

京の日本料理の決めては「だし」。そのだしをこだわりの製法で製造している。お水と昆布は素材にこだわり、昔ながらの製法を守っている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/03/25 公開