【中国・四国】春のパワースポットめぐりはいかが?

あざやかな草木が萌え出ずる季節になりました。パワースポットで力をいただいたら、春の花のように美しくなれるかも?

スポンサーリンク

胡子神社

広島県広島市中区胡町5-14

1608年、町内の繁栄の為に商売の神・えびす神を現在の所へ勧請することを町内の長老が福島正則に願い出たのが始まりと言われています。商売の信仰を集め400年以上の伝統がある胡子大祭は広島三大祭の一つ。

広島城

広島県広島市中区基町21番1号

1599年毛利輝元が築城した城で、日本100名城の一つとされている名高い観光名所。天守閣内では城や広島の文化、武器類に関わる資料の展示をしています。天気のいい日には展望台から宮島も望めます。

須佐神社

島根県出雲市佐田町須佐 730

「出雲国風土記」にも登場する由緒ある神社。須佐之男命がこの地で最後の開拓をし、自らの御魂を鎮めたと言われています。境内は神々しいパワーに溢れ日本一のパワースポットとしてテレビや雑誌で紹介されています。

作楽神社

岡山県津山市神戸433

かつては政治の中心「院庄の館」で、後醍醐天皇が流される途中に泊まり、忠臣児島高徳が桜の幹を削って漢詩を書きました。その故事により明治2年に津山藩主松平慶倫が創設。境内には約100本の桜があります。

廿日市天満宮

広島県廿日市市天神3-2

南海奇勝の地と詠われた廿日市の中央の標高29.2mの篠尾山上に建つ天満宮。参道は117段の石段があり境内の展望台からは、市街地と瀬戸内海の風景を一望できます。勉学の神としてあつい信仰を集めます。

案内神社の大クス

徳島県阿波市吉野町柿原シノ原 案内神社

猿田彦命と藤原親家を祀っている案内神社の境内にある大きなクスノキ。樹齢は推定約500年とされ、昭和33年に県の天然記念物に指定されています。樹高40m、幹周7.85m、樹冠は東西39m、南北37m。

神田神社

東京都千代田区外神田2-16-2

江戸東京に鎮座してから1300年以上の歴史を持ち、108か町会の総氏神として都心を守る神社。一ノ宮に大己貴命、二ノ宮に少彦名命、三ノ宮に平将門命を祀っています。江戸三大祭りの一つ神田祭が有名。

桂濱神社

広島県呉市倉橋町宮ノ浦

遣新羅使が停泊した際に読んだ和歌に登場するほど歴史がある神社。本殿は室町時代の意匠的に優れた建造物で、昭和57年に国の重要文化財に指令されました。松原が続く境内は美しい景勝地として有名です。

亀山神社

広島県呉市清水1丁目9-36

703年に入船山に遷座したのが始まりといわれ、応神天皇、仲哀天皇、神功天皇を祀っています。明治19年に現在地へ遷座し、昭和16年には県社に列格されました。奉納米俵みこし「とんぼ」がみられる人祭が有名。

唐人駄馬

高知県土佐清水市松尾

四国最西南端、足摺岬にある縄文時代の遺跡。穏やかな斜面に巨石群が見られます。巨石は祭祀場、天体観測、航海者用目印などの説があり、一帯は不思議な空気に包まれています。周辺には観光牧場や公園があります。

関連記事
2014/03/23 公開