【岐阜】うなぎは元気の源。岐阜でおすすめのうなぎ屋さん

うなぎを食べて、元気いっぱいもりもりになりましょう。岐阜でとっておきの、うなぎ屋さんの情報をご紹介します。

スポンサーリンク

うなぎの康生

岐阜県可児市広見802-1

銅製の釜戸でふっくら炊き上げたご飯に、備長炭で焼いたうなぎと秘伝のタレで仕上げたこだわりのうなぎ料理。予約製だが、大人数での集まりには高級感ただよう別邸での食事も可。

孫六

岐阜県関市平和通4丁目5-1

独自の調理法で、見た目が真っ黒なうなぎ。焦げたわけではなく、独特の色の黒さと、癖になる味が評判らしい。似た名前のお店と間違わないよう、注意が必要だという。

辻屋

岐阜県関市本町5-14

純、和風で趣のある外観が特徴的。内観も庶民的なつくり。身と皮が少しパリッとしていて甘口のタレが後を引くそうだ。

親満

岐阜県中津川市福岡町田瀬759-1

鮎と、うなぎが一緒に食べられるお店。鮎は塩焼きにして、うなぎは時期にあった調理をしてくれるようだ。川がすぐそばにあって、自然を感じながら食事ができそう。

うなぎの水野

岐阜県可児市久々利1089-1

古民家でうなぎが食べられる。これは独特の趣がありそう。お持ち帰り弁当、というメニューもあり、田舎の親戚のおうち感覚で食事ができそうだ。

華紋

岐阜県岐阜市東栄町3-29

炭で焼くのは注文を受けてから、というこだわりのあるお店。うなぎの白焼きや肝焼きまで持ち帰りメニューに入っている。

陣代

岐阜県高山市花里町5-13

生きたうなぎを、目の前でさばいて調理するというこだわりの強いお店。一番人気はうなぎの釜飯。新鮮な刺身の盛り合わせもメニューにある。

吉田屋 美濃錦

岐阜県郡上市八幡町殿町

米の製法からこだわり、調理に使う水は全て井戸水。地方によっては、タレが濃いと感じるほどに継ぎ足しを続けた秘伝のタレ。メニューには冬限定でししなべの文字が。

うなぎ丼 釜めし うな千

岐阜県多治見市青木町1

タレが控えめなうなぎ料理屋。好みで自由にタレを追加でかけられるという、親切なサービスらしい。いかにも老舗というイメージを感じさせる外観。

川貞 本店

岐阜県大垣市郭町東2-54

創業95年の老舗。地元では名の通った有名店らしい。ひつまぶしが食べられない日があるらしい。駅から近いという利点がある。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/03/15 公開