【東海】史跡、名所巡りの旅で、歴史をお勉強しましょう。

縄文・弥生時代からの遺跡や、史跡を巡ってみましょう。明治時代にいたる先人の歩みを肌で感じられます。現代に伝えてくれた人々への感謝も忘れずに。

スポンサーリンク

ランプ小屋

福井県敦賀市金ヶ崎町1-19

昭和初期に建てられたレンガ造りのランプ小屋です。欧亜国際連絡列車に用いられていた燃料の保管場所です。

金沢城 石川門

石川県金沢市丸の内1番1号

金沢城のシンボルとして知られる揉んで、1583年ごろに建築されたものが今も残っています。兼六園に向かい合って立つ様子は貫録を感じさせます。

世界一の縄文土器

石川県鳳珠郡能登町宇出津新港

ギネスブックにも認定されたカリヨンの鐘が展示されています。重さは5トン。高さは何と4.5メートルもある大きなものです。

長町武家屋敷跡

石川県金沢市長町1丁目3番32号

野村家が有していた武家屋敷の屋敷跡が今も残されています。当時の権力ぶりを思い出させる屋敷は壮大です。

灯明寺畷

福井県福井市新田塚町

新田義貞が戦死したという土地が残されています。現在は史跡として石碑も建てられており、歴史好きが参拝に訪れています。

涌浦の湯壷

石川県七尾市和倉町

和倉温泉の源泉が湧き出ています。2体のシラサギの像があり、付近では名物である温泉卵が作られています。

朝倉館跡

福井県福井市城戸ノ内町10-48

土塁と壕とで囲まれた屋敷跡が残されています。朝倉義景の生活していた当時の生活を思い出させることでしょう。

村上家

富山県南砺市上梨742

国の指定重要文化財に指定されている家屋が今も残されています。合掌造りの独特の家屋と、当時の生活用具が展示されています。

武田家住宅

富山県高岡市太田4258

200年も前に建築された住居を現在もそのままの姿で残しています。重要文化財に指定されており、数多くの観光客がその建物を見に訪れています。

登呂遺跡

静岡県静岡市駿河区登呂5丁目

昭和18年に発見された遺跡です。木製品や水田跡が出土したことでも有名です。現在も水田跡や森林跡を知ることができます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/02/27 公開