【東京】できたてあつあつ。てんぷらを食べるなら京都にあるお店で

旬の素材にこだわった、できたてさくさくのてんぷらを食べることができる東京のお店の情報を共有しあいましょう。

スポンサーリンク

船橋屋 本店

東京都新宿区新宿3-28-14

ビックロの前のビルにあるお店です。玉絞め絞りの胡麻油を使って揚げています。ここの名物は分厚いかき揚。天つゆのほかに、藻塩、自然塩、ハーブソルトの3種類が用意されています。

天麩羅 <しゅん>

東京都新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル本館7階

京王プラザホテルに入っている天ぷら屋さんです。店名の通り、旬の食材を生絞り100%の胡麻油でからりと揚げています。アイスクリームやあんぽ柿などの変わり揚げもあります。

大黒家天麩羅

東京都台東区浅草1-38-10

創業明治20年という、浅草名物の天丼のお店。こんがりとキツネ色に揚げられた天ぷらはしっとり、黒々した濃いめの甘辛タレは創業以来変わらずに守ってきたお店の味です。

黒川

東京都中央区築地6-21-8

かき揚げ丼がおいしいということで有名なお店。小えびとホタテの貝柱がたっぷり入っていて、自家製のタレは関東風の甘辛味。サクッとした食感が魅力です。

天ぷら黒澤

東京都港区元赤坂1-1-7 モートサイドビル 1F

黒澤明監督の息子さんが経営している天ぷら屋さんです。ランチの特製天丼は、海老やれんこん、茄子、キス、かき揚げなどボリューム満点で、付け合わせの香の物や味噌汁も美味しいと人気。

天ぷら 丸中

東京都中央区月島3-15-7

10人ほどが座れるコの字カウンターで、天ぷらを頂けます。天つゆは江戸前の濃いめの味付け。天丼や天ぷら定食のコストパフォーマンスに定評があります。

てん茂

東京都中央区日本橋本町4-1-3

明治18年に創業された老舗店です。店内もレトロな雰囲気いっぱい。鮎や白魚など旬の食材を提供しており、特に夏のアワビや秋の栗の渋皮揚げはこのお店ならではの味。

清壽

東京都中央区築地3-16-9 アーバンメイツビル B1F

ビルの地下にありますが、店内はゆったりとしたスペースになっています。天ぷらの衣は薄付きで、油っこさのない上品な味です。ワインが充実しているのも嬉しいポイント。

楽亭

東京都港区赤坂6-8-1 ミュージックイン赤坂

赤坂の住宅街にある天ぷらの名店。衣はふわりと軽く、さくさくした食感で、胡麻油の重さは感じられません。江戸前定番の魚介類の天ぷらに定評があります。

由松

東京都中央区銀座8-2-3

銀座8丁目にある京風の天ぷら屋さん。塩とレモンで天ぷらを頂きます。天茶で使われるお茶は、京都の有名なお茶屋さんでこのお店のために作っている特製ブレンドだそうです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/02/25 公開