【東海】一度は行ってみたい!名水があるところ

美味しい水があるということは料理も美味しい!日本には数多くの名水がありますが、東海地方にスポットをあててご紹介。いろんな言い伝えなど歴史について調べてみても面白いですよ。

スポンサーリンク

麝香清水

岐阜県下呂市小坂町門坂506-1

国道41号線沿いにある湧水スポット。清酒「麝香清水」やミネラルウォーターに使われている水です。行き交う旅人たちがその水で喉を潤したという言い伝えがあります。

曽根城公園

岐阜県大垣市曽根町1丁目717番地1

美しい花菖蒲が6月に見ごろを迎えることとして有名な公園です。その公園の地下を流れる大垣の地下水は、名水としてさまざまな名産品に使われています。

天の岩戸

三重県志摩郡磯部町恵利原

伊勢に来たら知っておきたい「天岩戸伝説」。その伝説の残る場所、恵利原の水穴(天の岩戸)は、全国の名水百選にも選ばれています。

養老の滝・菊水泉

岐阜県養老郡養老町養老公園

孝子伝説の残る湧水です。明治13年に開園されてから今まで、その水の美しさと四季折々の自然の景観美に、多くの人が心を奪われました。

こぶ湯

三重県津市白山町南家城414

「水をつければこぶが取れる」という言い伝えのある湧水で、家城神社裏の河原から湧いています。少し温かいため「湯」と呼ばれているんですね。

春日の宮の湧き出る名水

岐阜県大垣市本今町201

昭和37年に掘られた、春日神社の境内のなかにある井戸水です。名水の石碑も建てられ、その由緒を知ることができます。

栗屋公園の自噴水

岐阜県大垣市栗屋町

和風の庭園が広がる栗屋公園。昭和35年から続く井戸で、水飲み場などを整備した公園は2005年に作られた。

宗祇水

岐阜県郡上市八幡町本町

夏は冷たく冬は温かい泉の水。連歌の宗匠である飯尾宗祇にちなんで付けられた名前です。全国名水百選の一番手。

八幡神社「大垣の湧水」

岐阜県大垣市西外側町

大垣の八幡神社にある自噴水。地下125mから吹き出る名水が美しい。平成16年に整備され、比較的大垣の中では新しいスポットです。

敢国神社

三重県伊賀市一之宮

伊賀一宮にある敢国神社の湧水は、名水としても知られています。手水舎に使われている水にもなっています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/02/21 公開