【佐賀】地元の食品の特産品にはアイデアてんこ盛りです。

目の前の海で獲れる食材や、裏山で獲れる食材。地元ではごく当たり前のものが、地元の人たちの努力で素晴らしい食品に生まれ変わります。

スポンサーリンク

呼子よかよか探検隊

佐賀県唐津市呼子町呼子 朝市通り

呼び子朝市通りで、知名度のある「呼び子のイカ」を使ったイカバーガーを販売。つなぎに大豆を使用するなど低カロリーでヘルシー。フルーツの効いた甘酸っぱいソースがイカのパテによく合います。

井上製麺

佐賀県神埼市神埼町的1779

地域ブランド「神埼そうめん」を製造・販売しています。吉野ヶ里遺跡にちなんだ赤米や紫米を練りこんだ商品なども開発し、「佐賀マイスター」認定工場長直伝の製法で製麺しています。

村岡屋

佐賀市駅南本町3-18

佐賀の伝統織物「佐賀錦」の華やかさと風合いをイメージした銘菓「さが錦」が有名なお店です。ほかに「鍋島さま」「鍋島本丸」など地元にちなんだ和菓子も販売しています。

佐賀市漁村女性の会

佐賀市東与賀町大字田中1149-3

海苔漁師のおかみさんたちが特産の海苔を活かした商品を開発・販売しています。商品は有明海の一番摘み海苔と伊万里産の完熟南高梅で作った「うまかのり梅」や、「焼のりアイス」、「竹炭塩のり」など。

イブスキ

佐賀県佐賀市三瀬村藤原3796-3

ドイツ純粋製法のハム&ソーセージを手作りで製造販売しています。お店はオーストリアの大工職人が製作。人気のビーフジャーキーは手作りの石釜で作られています。

豆匠 よこ長

佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190

「温泉湯どうふ」発祥のお店。直営工場で作られる嬉野産大豆100%の木綿豆腐は、素材・食感・濃度など様々な点までこだわって、温泉湯豆腐に最適です。マンガ「美味しんぼ」にも掲載されました。

佐嘉平川屋

佐賀県武雄市北方町大字志久600番地1

職人技による寄せ豆腐の「佐嘉おぼろ」は自慢の一品。佐賀県産の大豆フクユタカを使用しています。お店では温泉湯豆腐のほか、豆乳白玉、豆乳ソフトクリームなども楽しめる。

高島豆腐店

佐賀県西松浦郡有田町

陶磁器で有名な有田で、新しい名物になっている「ごどうふ」を製造販売しています。ごどうふは餅のように柔らかくプリンのような光沢があり、にがりを使わず葛と澱粉で作られます。

鯨屋

佐賀県唐津市呼子町野中4185-12

くじら肉の専門店。呼子朝市で出店を出し、唐津名物の魚のすり身のコロッケ「魚ロッケ」や、鯨メンチかつ、鯨の大和煮缶、鯨カレーのレトルトなどを販売しています。

野中蒲鉾

佐賀県佐賀市西与賀町高太郎234

創業が大正13年という老舗のかまぼこ屋さん。かまぼこを販売するだけではなく、かまぼこ作り体験工房を開設。焼きちくわ作りや板付きかまぼこ作りを体験できます。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2014/02/23 公開