【中部】初詣ならこんな神社仏閣にどうぞ。

それぞれに古い歴史が刻まれています。新たな気持ちで迎える新年の最初のお参りですから、御利益も期待できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

熱田神宮

愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

熱田台地の南端に鎮座する景行天皇創建の神社。三種の神器の一つ「草薙神剣」を祀る神社として知られています。境内は昔から雲見山・蓬莱島の名で呼ばれ、多くの種類の木々が茂る都会のオアシスでもあります。

瑞龍寺

富山県高岡市関本町35

加賀藩二代藩主前田利長公の菩提を弔うため、三代藩主利常公が建立したお寺。仏殿、法堂、山門、が国宝で、総門、禅堂、高廊下、回廊、大茶室が重要文化財とされています。絵画や墨蹟なども多数有します。

来宮神社

静岡県熱海市西山町43-1

熱海郷の地主の神であり古くから来福・縁起の神様として信仰されています。旅人の守護でも知られ多くの旅行者が参拝。ご神木の樹齢2千年を超える大楠は全国2位の巨樹の認定で、天然記念物にも選定されています。

法多山尊永寺

静岡県袋井市豊沢2777

聖武天皇の命で725年に行基によって建立されたお寺。厄除け観音として知られ江戸時代から続く厄除け団子は参拝客から親しまれる名物です。伝統的な意匠や配色を用いた古代裂御守袋は女性の参拝客を中心に好評。

伊奈波神社

岐阜県岐阜市伊奈波通1丁目1

垂仁天皇の第一皇子で開拓神である五十瓊敷入彦命を主祭神として祀る神社。1539年に斉藤道三が稲葉山城を築城するにあたり現在地に鎮座されました。家内安全・商売繁盛・安産・交通安全などのご利益で有名。

越中一宮 高瀬神社

富山県南砺市高瀬291

御鎮座は神代の昔、また景行天皇11年の御代ともいわれる歴史ある神社。主祭神は大国主命で、福の神・縁結びの信仰をあつめています。拝殿前にはなでうさぎが置かれていて、癒して欲しい部位をを撫でてみましょう。

久能山東照宮

静岡県静岡市駿河区根古屋390

徳川家康の遺命により葬った久能山に二代将軍秀忠が家康公を祀るために造営した神社。表参道石段や一ノ門からの海の眺望は絶景です。国宝に指定されている壮麗な御神殿での結婚式場としても人気です。

津島神社

愛知県津島市神明町1

欽明天皇元年(西暦540年)に鎮座された神社。建速須佐之男命を主祭神とし、大穴牟遅命を相殿に祀っています。毎年7月に行われる津島天皇祭は重要無形民族文化財として指定されあつい信仰をあつめます。

成田山名古屋別院 大聖寺

 愛知県犬山市犬山北白山平5

千葉県の成田山新勝寺」の別院で「犬山成田山」の名で親しまれているお寺。名古屋周辺の信徒の参拝が困難な為、昭和28年の開創されました。本尊の不動明王が利剣により煩悩や迷いを断ち切ってくれます。

関連記事
2014/02/15 公開