【熊本】温泉とパワースポットが同時に楽しめる!

九州地方は温泉も豊富。温泉旅行に来たついでに、パワースポット巡りなんていかがですか?思い出深い旅行になるかも。

スポンサーリンク

白鳥山

熊本県八代市泉町

壇ノ浦の合戦の後、盗賊に捕らえられた平清経が家臣らと共に落ち延びたという伝説のある山。天然のブナ林や、石灰石に生えている苔など白鳥山独特の風景が見られる。

押戸ノ石

熊本県阿蘇郡南小国町中原

押戸石山の山頂にある古代遺跡。大小数百個の石群で、最大のものは高さが5.5mもある。人為的な石の配置から太古の遺跡といわれているが、鬼たちが夜な夜なお手玉をして遊んだという伝説もある。

杵島岳

熊本県阿蘇市黒川

阿蘇五岳のうちの1つで一番若い山。登山口から山頂までコンクリートで舗装されており、1時間程度で登ることが出来る。

拝ヶ石巨石群

熊本県熊本市河内町東門寺

古くは「おかミノ石」と呼ばれていたといわれる遺跡。金峰山の外輪山、二ノ岳に向かって巨岩がコの字にならび、中央には夫婦石と呼ばれる大小の巨岩がある。

米塚

熊本県阿蘇市永草

山頂がすり鉢状にくぼんでいる珍しい山。昔、阿蘇が大飢饉に見舞われた際、食べるものがなく草を食べていた人々に神様が手に米をすくい取って空からふらして出来たといわれている。

不動岩

熊本県山鹿市蒲生

山伏たちがこの山中にこもり、不動明王を本尊として修行したことがからこの名がついたといわれる。大きな1つの岩のように見えるが、何億年もかけて様々な大きさの石がくっついて現在に至る。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/04/08 公開