【北陸】登山愛好家に人気の山々をご紹介!

険しくもあり・・優しくもあり・・そこに山があるから登りたくなる北陸に位置する魅力的な山々をピックアップ。

スポンサーリンク

赤兎山

福井県大野市上打波

丸みのある山の姿がウサギのように見えたというのが、名前の由来です。標高約1628m、湿原植物の群生地です。

取立山

福井県勝山市北谷町

山頂からは九頭竜川の流れなど眺望を楽しめます。水芭蕉の群生地で、シーズンは気軽に楽しめる登山コースとして人気です。

医王山

富山県南砺市~石川県金沢市

薬草が多いことが名前の由来とされています。標高939m、登山道や山小屋が整備され、スキー場、キャンプ場もシーズンには楽しめます。

笈ヶ岳

石川県白山市

標高1841m、高く険しい藪山のため、夏は登頂が難しい季節です。残雪のあるシーズンに楽しめます。白山の北方稜線でも目立つ山です。

鍬崎山

富山県富山市

立山山麓スキー場、あわすのスキー場などがあり、周辺には通年で営業するロッジ、ペンションもあります。飛騨山脈にあり標高は2090mです。

大門山

富山県南砺市~石川県金沢市

山のかたちが富士山に似ているため、加賀富士とも呼ばれ、作家の室生犀星や五木寛之の作品にも登場しています。標高は1572mです。

浄法寺山

福井県吉田郡永平寺町上浄法寺

標高1052m、山腹は急な斜面もありロッククライミングにも利用されています。山頂は日本海まで眺められる眺望が見事な山です。

剱岳

富山県中新川郡上市町~立山町

中部山岳国立公園の中でも最も険しい山で、標高は2999mあります。シーズンには、岩と雪の織りなす風景を楽しめます。

野伏ヶ岳

福井県大野市

標高1674m、植林された杉や、ブナ林、クマザサなどがよく見かけられます。一般的な登山道はなく、豪雪地帯なので春先の登山が楽しめます。

岩倉山

石川県輪島市町野町曽々木

1300年ほど前に開山され、現在も石仏などがみかけられます。標高357m、垂水の滝の眺めを楽しめます。

関連記事
2014/01/27 公開