【吉祥寺】街とともに育まれた和菓子も大阪の銘菓も。

心が和む菓子。それが和菓子です。吉祥寺の街で街の成り立ちとともに歩んだ和菓子の数々と、大阪の名店の和菓子。どちらも和の芸術品です。

スポンサーリンク

和菓子 紀の国屋 アトレ吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ1F

多摩地域を中心に、関東エリアに20店舗以上のお店を出しているという実力派の和菓子店。「祖国最中」というお菓子がオススメ。

坂角総本舖 アトレ吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 1F

かつては徳川家への献上品だったという海老のすり身焼の「えびはんぺい」というお菓子が、このお店のルーツのようです。現代では多くのお菓子の賞も受賞。

天音

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9  ハモニカ横丁

「たい菓子」というのはこのお店ならではのたい焼き。明治の頃に生まれたという味をずっと継承し続けている味は、ぜひ食べてみたい。

いせ桜

東京都武蔵野市吉祥寺北町4-13-7

お赤飯、和菓子、おもちといった懐かしいお品書きが並びます。新宿で開いた初代からの歴史を合わせれば100年を遥かに超える老舗です。

吉祥寺虎屋 ダイヤ街アルファ店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-7

既に半世紀を大きく超える歴史を積み重ねてきました。「笹舟」や「のぼり鮎」という和の造形も楽しめるお菓子、「亥の子餅」という伝統的な和菓子も。

小ざさ

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

最中と羊羹。小豆を使った繊細な味、そしてシンプルな中に微細な技巧がかいま見える造形の美しさは、和菓子の魅力です。

菓匠こしの 吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ハモニカ横丁

最中というのは和菓子の中でも代表的なもののひとつですが、お店によって味はいろいろ違います。最中好きにもたまらない、このお店の味。

鶴屋八幡 東急吉祥寺店

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店吉祥寺店 B1F

和菓子は、季節の味を取り入れることも多く、それが楽しみで足しげく通う人も。このお店も、四季の味がたくさん揃っています。

吉祥寺 あまの

東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-16

「揚萬念」「揚チョコっと」「栗萬念」といった1年を通して楽しめるお菓子。また季節ごとの商品もいろいろ揃っています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/02/01 公開