【四国】魚好き必見!じっくり見られる水族館

魚マニアの人もきっと大満足!魚に興味のあるお子様にもおすすめ。生態をじっくり細部まで観察できるおすすめ水族館をご紹介します。

スポンサーリンク

虹の森公園 おさかな館

愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510-1

四万十川の清流に生息する淡水魚たちの生態がよく観察できる川の魅力たっぷりの水族館。二足立ちするユニークなワニや宝石のような真っ赤な目が印象的なまぼろしの魚「アカメ」に出会うことができます。

日和佐うみがめ博物館カレッタ

徳島県海部郡美波町大浜海岸

ここに来れば海ガメの全てが分かる!世界的にも珍しい海ガメの博物館。7つに分けられた展示コーナーでは世界中の海ガメのはく製や産卵行動の解説などがみられる。海ガメの飼育の様子を見学することもできる。

四万十川学遊館あきついお

高知県四万十市具同8055-5

四万十川に生息する淡水魚をはじめ、日本中の淡水、汽水魚を約300種類も展示している水族館。季節によって様々な変化のある四万十清流の様子と生物たちの生態が詳しく学べて興味深い。

高知県立足摺海洋館

高知県土佐清水市三崎字今芝4032

南国高知の足摺半島に生息する魚類を中心に様々な魚たちの生態を観察することのできる水族館。大きなヤイトハタをはじめ、地元の定置網で捕獲したマンボウなど興味深くかわいらしい生物たちに出会える。

新屋島水族館

香川県高松市屋島東町1785-1

山の上にあり、眺望が美しい水族館。珍しいアメリカマナティの2頭の仲が良い様子を観察したり、餌やりの様子を見学することができる。アマゾンの大きな水槽も珍しく興味深い生物たちが沢山展示されている。

桂浜水族館

高知県高知市浦戸778

イルカやアシカのショーは勿論、ザリガニ釣りや海ガメの餌やりなどユニークなイベントが嬉しい昔ながらの水族館。水族館のスタッフが釣って来たというアカメはとても珍しい魚なので、一度は見ておきたい。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 四国エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/04/04 公開