【山梨】千年の時を超える寺々。お寺巡りは価値観が変わります。

想像もつかない昔から営々と続く寺院の歴史。千年以上もの歴史は見る者を圧倒します。そんな寺院を巡ってみてください。己の悩みや迷いが断ち切れるかもしれません。

スポンサーリンク

大蔵経寺

山梨県笛吹市石和町松本610

722年の開山以来、武田家・徳川家の祈願所として親しまれていました。境内には、四季折々の草花が季節事に咲き誇り、特にアジサイの季節に訪れるのがお勧めです。

常在寺

山梨県笛吹市石和町唐柏459

常在寺は七福神参りの一つであり、区内の7寺を全て参拝して回れば厄が払われ福が得られると信じられています。

慈雲寺

山梨県甲州市塩山中萩原352

慈雲寺は地域教育発祥の地として言われてます。境内には樹齢300年を超えるイトザクラがあり、春になると多くの観光客が全国から訪れます。

塩澤寺

山梨県甲府市湯村三丁目十七番二号

808年に弘法大師が開創した寺院であり、地蔵菩薩坐像が安置され国の重要文化財に指定されています。毎年、2月13日は厄除地蔵尊祭りが開催されています。

身延山久遠寺

山梨県南巨摩郡身延町身延3567

日蓮宗総本山として有名で多くの参拝客で賑わっています。境内に咲いているシダレザクラも桜の名所として有名で春になると多くの人々が訪れます。

長禅寺

山梨県甲府市愛宕町208

武田信玄の母親である大井夫人の墓があることで有名です。また、甲府五山の一つに定められ、武田信玄が禅を学んだ寺としても有名です。

古長禅寺

山梨県南アルプス市鮎沢505

1316年に夢窓国師が創建し、幼少時代の武田晴信が参禅研学していたとも伝えられています。境内にあるビャクシン木は、樹齢600年の古木で国の天然記念物に指定されています。

景徳院

山梨県甲州市大和町田野389

徳川家康が勝頼公の死を弔うために建立した寺院です。境内には、勝頼公親子の生害石や墓石などがあり武田一族の歴史が感じられます。

恵林寺

山梨県甲州市塩山小屋敷2280

武田信玄の菩提寺として昔から親しまれていました。境内の庭園は上段、下段と構成を分けて手入れされとても美しい庭園となっています。

大善寺

山梨県甲州市勝沼町勝沼3559

通称ブドウ薬師と言われ、ブドウを持った薬師寺来像を建てたことが寺の起源と伝えられています。甲州のぶどう栽培のルーツであり、住職が作った自家製ワインが人気です。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2014/01/21 公開