【静岡】広大な海をまるごと楽しめる水族館

海洋生物の種類が豊富で、小型魚やサンゴなどの水槽もた〜くさん!海の中を間近に感じることのできる水族館です。

スポンサーリンク

東海大学海洋科学博物館

静岡県静岡市清水区三保 2389
東海大学に付属する海のミュージアム。3つの部門に分かれ、展示物は深海動物などの生き物の他、実験装置や標本、機械の生物など多種多様。

下田海中水族館

静岡県下田市3-22-31
イルカやアシカのショーや、大水槽の給餌ショーなどのイベントが豊富。水族館自体が海に浮かんでいるので、よりリアルに自然を体感できる。

iZoo

静岡県賀茂郡河津町浜406-2
両生類や爬虫類に特化した園内。普段はなかなか見ることもできない生物との写真撮影なども体験でき、遊び心溢れるふれあいの場となっている。

伊豆・三津シーパラダイス

静岡県沼津市内浦長浜3-1
300種類の魚類が展示され、トドやイルカなどのショーで賑わいを見せる水族館。バックには富士山が浮かび、同時に美しいロケーションも堪能できる。

熱川バナナワニ園

静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
絶滅危惧種とされるワニを筆頭に、世界的にも珍しいアマゾンマナティや、国内では唯一のニシレッサーパンダの希少な姿が見られる。その他、園内には様々な植物や果樹が展示され、贅沢な一時を過ごすことができる。

あわしまマリンパーク

静岡県沼津市内浦重寺186
海のプールで泳ぐイルカ達や、駿河湾の様々な魚が展示されている。ウニやナマコに触れるふれあいコーナーもあり、それぞれ違った楽しみ方が体験できる。
リストに場所を追加する
このリストを評価する(ログイン不要)
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2013/04/05 更新