【北陸】歴史ある北陸のおすすめの博物館を紹介

歴史ある北陸地方にある博物館をご紹介します。歴史的博物館から美術館、恐竜博物館など様々な博物館がたくさんあります。

スポンサーリンク

福井城舎人門遺構

福井県福井市宝永3-12-1

江戸時代の福井城の北側の守り、外堀の門を復元。周辺施設ともあわせ、いっそう歴史情緒が味わえる場所になっています。

若狭三方縄文博物館DOKIDOKI館

福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-12-1

太古の森、土と炎の造形など縄文時代をよく知り、深く理解していく助けになる常設展が用意されています。特別展もチェックしてお出かけを。

金沢市立安江金箔工芸館

石川県金沢市東山1-3-10

金沢は金箔、箔打ちとも近世から関係が深い場所です。「洛中洛外図屏風」など、それにまつわる収蔵品も多数。

福井県立恐竜博物館

福井県勝山市村岡町寺尾51-11

名前の通り、恐竜に関する資料がいろいろ展示されているワクワクする博物館です。ドーム型の建物に近づけば、胸がいっそう高まりそう。

福井県立歴史博物館

福井県福井市大宮2-19-15

「歴史ゾーン」「昭和のくらしコーナー」「ミュージアムシアター」などの常設展で福井と近代の歴史を理解。企画展も楽しみです。

角偉三郎美術館

石川県七尾市和倉町ワ部65-1

漆工芸家として国内外から高い評価を得ている角偉三郎氏。その作品のひとつひとつをたっぷり見る事ができる、美術館です。

真脇遺跡縄文館

石川県鳳珠郡能登町字真脇48-100

北陸最大級の縄文時代遺跡として、研究者や古代史ファンに知られる場所です。特徴あるその遺跡からは、さまざまな発見も。

和倉昭和博物館とおもちゃ館

石川県七尾市和倉町九20-1

コツコツ集めてきた明治初期から昭和40年代のおもちゃが中心。その数は何と約10,000点と言いますから、懐かしいもの、思いがけないものに出会えそうです。

「ちひろの生まれた家」記念館

福井県武生市天王町4-14

明治、大正、昭和、そして平成という近代から現代までを見続けてきた、落ち着いた雰囲気の館内です。絵本画家、いわさきちひろ縁の場所です。

福井市立郷土歴史博物館

福井県福井市宝永3丁目12-1

所蔵品や福井県の歴史展示などで、さまざまな事が学べる博物館です。松平家史料展示室、各種企画展も開催されています。

関連記事
2014/01/17 公開