【鳥取】鳥取砂丘で有名な地で四季折々の姿で楽しめる和菓子

鳥取といえば、鳥取砂丘でラクダに乗ったりと楽しめる観光スポットでもありますが、今回名物と名高い和菓子にスポットを当てました。季節ごとの移り変わりを表現し長年愛される和菓子をご堪能ください。

スポンサーリンク

京屋菓舗 本店

鳥取県鳥取市吉方温泉2-511

神話や鳥取県の風物詩などをモチーフにした定番のものから、季節の可愛らしい上生菓子まで扱っている和菓子店。羊羹にお饅頭、落雁などがありお土産としても喜ばれますよ。

つるだや本店

鳥取県米子市角盤町3丁目100

創業八十年以上の歴史を誇る和菓子店。定番の羊羹や最中はもちろんですが、新商品の純米酒を使った香り豊かなカステラがおすすめです。

和菓子処甘味屋郡家本店

鳥取県八頭郡八頭町郡家119-1

八頭町にある和菓子店。こちらでは昔ながらの和菓子だけではなく、ちょっと変わった洋風和菓子も楽しむことが出来るんです。特に大福にユニークなものが多いので、是非全制覇してみてください。

御菓子司 ホテイ堂

鳥取県鳥取市寿町910

大正12年創業の老舗和菓子店。おすすめは『ろっぽうやき』という、名前の通り生地を六面焼いた焼き饅頭。薄い皮のなかには餡がぎっしりと詰まっています。

壽城鳥取店

鳥取県鳥取市東品治町111番地1

米子城をモチーフにして造られたという店舗がユニークなお菓子のテーマパーク。和菓子だけではなく、地元の素材を使って作られた洋菓子を扱うお店やカフェなどもあります。

創菓庵

鳥取県鳥取市南町316

鳥取市内にある和菓子店。お饅頭やお餅といった昔ながらの素朴な味わいが楽しめる和菓子を中心に扱っています。

倉吉舎 本店TAKESHI館

鳥取県倉吉市駄経寺町2-16

ほかの和菓子屋さんとはちょっと違う、若い人でも食べやすいような和洋菓子をメインに扱っているお店。人気のふわどらやクリーム大福がおすすめ。もちろん昔ながらの和菓子もありますよ。

山本おたふく堂

鳥取県東伯郡琴浦町八橋 

鳥取県名物『ふろしきまんじゅう』を扱っているお店。こちらのふろしきまんじゅうは黒糖と和三盆で作られた、とても上品な味わい。甘さ控えめでカロリーも低めだそうですよ。

だんごや萌音米子店

鳥取県米子市茶町87

串団子や大福などといったお餅を使った和菓子をメインに扱っているお店。定番のみたらしやあんこだけではなく、季節の果物などを餡にしたお団子もあるんですよ。

平吾菓子舗

鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1177

鳥取市鹿野町にある和菓子店。戦国武将にちなんだお饅頭や、秋篠宮殿下に賞賛された銘菓など幅広く取り扱っています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 中国エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/12/30 公開