【全国】新撰組にゆかりのある土地で、お墓や慰霊碑巡りはいかが?

新撰組といえばドラマや映画などで知られている有名な幕末の志士!!その時の情景やその土地での歴史を学んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

青山霊園

東京都港区南青山2-32-2

明治新政府によって明治7年に作られた初の公共墓地。12万人余りの人々が眠っている。大久保利通、相楽総三が名を連ねている。中央の桜並木も美しい。

彰義隊墓

東京都台東区上野公園1

戊辰戦争の戦闘のひとつである上野戦争で亡くなった彰義隊士が眠っている場所。明治2年の小さな石碑。胸に刻んでおきたい。

寿徳寺境外墓地

東京都北区滝野川7-8-1

新選組に対する風当たりがまだ強かった明治9年に建てられた供養碑。正面には近藤勇と土方歳三の名が、右側面と左側面にも新選組隊士110名の名が刻まれている。

碧血碑

北海道函館市谷地頭町1

土方歳三ファンなら必ず訪れたい場所。毎年5月には慰霊祭が行われ、たくさんの人々が訪れている。約800名が祀られている慰霊碑。

鷺谷墓地

愛媛県松山市道後鷺谷町

幕末の思想家である佐久間象山の遺児、新撰組隊士の三浦啓之助の墓石が残っている。象山が京都で暗殺され、敵を討つ為に入隊した。

全昌寺

岐阜県大垣市船町2丁目21

土方歳三の小姓として過ごした新撰組隊士、市村鉄之助のお墓がある。大垣は川や湧き水が豊富にあり、それを使った水饅頭も有名。

天林寺

静岡県浜松市中区下池川町27-1

総ひのき造りで立派な楼閣門のあるお寺。墓域には新撰組隊士中島登の墓があり、家紋を見れば"中島家墓"も確認することができる。

光縁寺

京都府京都市下京区綾小路通大宮西入四条大宮町37

門前近くには新撰組の馬小屋があり、毎日隊士たちが往来していたと言われている。過去帳には隊士の他、新選組に縁のある28人の記載がある。

龍源寺

東京都港区三田5-9-23

新撰組局長、近藤勇が眠る寺。近藤勇の生家跡から徒歩5分の場所にあり、門前には"近藤勇胸像"が立てられている

本傳寺

大阪府大阪市北区兎我野町14-3

豊臣秀吉が大坂城を築いたときにできた寺町「天満寺町」にある。谷3兄弟の墓がある場所。お家断絶の原因ともなった長兄と、次男三男も一緒に眠っている。

関連タグ
    関連記事
    2013/12/27 公開