【石川】金沢の伝統的な街と、四季とりどりの和菓子の美

金沢の伝統ある街と共に育まれた和菓子の文化。彩り豊かな彩りで私達に季節の訪れを伝えてくれます。新しい文化と伝統を守りながら続く、金沢の和菓子はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

中田屋 元町店

石川県金沢市元町2-4-9
農家と契約栽培している北海道産極上大納言小豆を使用し、昭和9年の創業の伝統の技術で作られる「きんつば」や「鍔もなか」。季節限定和菓子にも注目。

うら田 本店

石川県金沢市御影町21-14
昭和11年創業の老舗和菓子店。看板商品の加賀八幡「起上もなか」は縁起のよい和菓子でお土産にも喜ばれている。銘菓「さい川」や洋菓子と融合した「愛香菓」もおすすめ。

落雁 諸江屋

石川県金沢市野町1-3-59
1849年創業の老舗中の老舗和菓子店。伝統の製法で作り続ける銘菓「方丈菓子」「加賀宝生」「花うさぎ」をはじめ種類豊富な和菓子がそろっている。

甘納豆かわむら

石川県金沢市野町2-24-7
金沢唯一の甘納豆専門店で店内にはガラス張りの工房が見える。素材も吟味された無添加の甘納豆は上品な仕上がりとなっている。

柴舟小出 駅西店

石川県金沢市諸江町32-26
大正6年創業の老舗和菓子店で、金沢の伝統銘菓「柴舟」をはじめ様々な用途に合わせた和菓子を作っている。自慢の生姜を使った商品や月替わりの和菓子も人気。

月天心

石川県金沢市東山3-10-2
一見民家に見える木造家屋の和菓子店。食材そのものの良さを最大限に生かした和菓子は数量も限定され、売り切れ次第終了となる人気の品々。店内にはカフェスペースもある。

加賀生菓子 丸福 本店

石川県金沢市平和町3-7-1
餅を主体とした生菓子を四季折々の食材や用途に合わせて作り続けている。添加物を一切使わず、自然の味を追求。焼き菓子なども製造している。

御菓子司 水本

石川県金沢市暁町14-3
朝8時からオープンしている便利な和菓子店で名店ならではの賞状が飾られている。上品な生菓子は見た目の芸術性だけでなく味や感触も上品。

板屋 本店

石川県金沢市尾山町10-18
尾山神社境内に続く道にあり観光ついでに立ち寄れる老舗和菓子店。たとえ名称が同じでも他の店にはない和菓子の味を追求している。銘菓や献菓が充実している。
リストに場所を追加する
このリストを評価する(ログイン不要)
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2013/12/28 公開