【東京】友人や会社の同僚へ喜ばれる手土産スイーツ

手土産選びは楽しいもの。ヘルシー志向のお友達、同僚へは和スイーツがおススメ。洋菓子に比べヘルシーなので、ダイエット中でも罪悪感が軽減!?しますからね。手土産にそんな気遣いも添えてみてくださいね。

スポンサーリンク

新正堂

東京都港区新橋4丁目27-2 新正堂本店ビル

大正元年創業の老舗店。名物の切腹最中は、結晶の大きな純度の高い砂糖を使用し求肥(ギュウヒ)入りの餡が最中の間から溢れている。

草月

東京都北区東十条2-15-16

東十条駅から徒歩1分、看板和菓子の「黒松」は黒糖とハチミツを練り込んだふんわりした皮が特徴的な和菓子。羊羹は4種類の味があり柚子羊羹などもある。

わかば

東京都葛飾区立石7-2-4

外観からも昔ながらの和菓子屋。バームクーヘンが人気のお店。豆大福やおはぎなど和菓子も充実しており、名物のあんドーナツはそのボリュームも人気の理由。

うさぎや

東京都中央区日本橋1-2-19 日本橋ファーストビル 1F

看板商品のどら焼はその上質な餡でずっしりと重量感がありながらも皮はやわらかくしっとり。出来立てのどら焼きの美味しさを堪能できる。

こしの

東京都西東京市ひばりが丘2-8-23

月火水のお昼にしか営業していない和菓子屋さん。種類も豊富な自慢の羊羹はスーパーにも卸している。最中も評判が高い一品。

天三味

東京都台東区谷中1丁目2-14

千代田線根津駅から徒歩3分、上品な色合いが視覚も楽しませてくれるゆべしがずらりと並ぶ。冷やしても固くならないもちもちとした食感とすっきりした甘さの餡がポイント。

京あづま

東京都港区麻布十番2-9-5

麻布十番駅から徒歩5分、この店の名物はなんといっても巻かれた豆大福。その見た目でも食感でも話に花が咲きそう。

萬年堂

東京都中央区銀座8-11-9

1617年に京都で創業した老舗和菓子店。家伝の高麗餅仕様書をもとに今でも伝統の味を守り続けている。銘菓「御目出糖」「高麗餅」でその味を堪能できる。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/12/11 公開