【東京】会社用の手土産に最適な品を扱うお店を紹介

お得意様や取引先に挨拶に行く際に、ちょっと気の利いた手土産を持って行きたいものです。東京にあるお店の中から、会社訪問の際に最適な品を扱っているお店を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

麻布青野総本舗

東京都港区六本木3-15-21

創業1856年の六本木にある老舗和菓子店。お店の代表的銘菓は鶯もち、北海道産の小豆で作ったこしあんを求肥で包み、北海道産のきなこをたっぷりとまぶしたお菓子。手土産におすすめです。

とらや

東京都港区赤坂4-9-22

1501年に京都で創業した老舗和菓子店。定番の和菓子を四季折々の行事に合わせた季節の和菓子も人気。ちょっと気の利いた手土産が見つかります。

赤坂相模屋

東京都港区赤坂3-14-8

明治28年創業、老舗の味を技術を受け継ぐあんみつやところてんなどの寒天づくりの専門店。涼しげなあんみつやところてんは夏の手土産にぴったりです。

榮太樓總本鋪

東京都中央区日本橋1-2-5

1818年に菓子商を営んだ事がはじまりの老舗菓子店。昔からの技術を現代に受け継ぐ江戸菓子は上品で気の利いた手土産には最適です。

京あづま

東京都港区麻布十番2-9-5

麻布にある豆大福が人気の和菓子店。こちらの豆大福、甘さ控えめの粒あんをお餅で巻いているちょっと珍しいタイプ。話のタネにもなるおすすめの手土産です。

小ざさ

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

吉祥寺で行列を作る有名和菓子店。お店の人気は甘さ控えめで美味しい最中。お値段もお手頃で数を必要とする会社などの手土産には最適です。

玉英堂

東京都中央区日本橋人形町2-3-2 玉英堂ビル 1F

人形町にあるトラの模様がついているどら焼き、虎家喜が人気の和菓子店。ふっくらとした生地にたっぷりと挟まれた餡は上品で美味しい。ここぞという時の手土産におすすめです。

清寿軒

東京都中央区日本橋堀留町1-6-1

文久元年からの歴史を今に受け継ぐ老舗和菓子店。お店の一番人気の商品はどら焼き。保存料・添加物を一切使用していないので賞味期限は短いですが、喜ばれるおすすめの手土産です。

いせや

東京都墨田区立川3-3-10

甘さ控えめなあんこがたっぷり詰まった草餅がお店の人気商品。ちょっとした手土産にもお手軽でおすすめです。

東肥軒

東京都世田谷区豪徳寺1-38-7

招き猫発祥の地、豪徳寺で人気の招き猫の形をしたお菓子を販売するお店。人気商品は小判を模り招き猫がデザインされた最中。会社などの手土産に喜ばれる商品です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/12/06 公開