【東京】会社に戻る時に最適な、気軽に買える手土産

ちょっと出先から帰る時に、会社の仲間に買って行くのに調度良い気軽な手土産のお店が東京にあります。日頃の労をねぎらいながら、好感度を上げるのに持って来いですよ。

スポンサーリンク

梅花亭

東京都新宿区神楽坂6-15

昭和10年より神楽坂の地で国産の素材を使った和菓子を販売しています。豆から炊く餡は生地によって配合を変えておりこだわりがあります。

東肥軒

東京都世田谷区豪徳寺1-38-7

招き猫発祥の地とも言われる豪徳寺の門前町で招き猫の形をしたお菓子を売っています。北海道小豆の餡がたくさん入った最中がおすすめ商品です。

赤坂相模屋

東京都港区赤坂3-14-8

商業は明治28年という老舗の和菓子処。創業以来赤坂で受け継がれてきた寒天、あんみつを贈り物にしてはいかがでしょうか。

松島屋

東京都港区高輪1-5-25

もっちもちの生地に豆をたくさんまとわせた豆大福が人気です。小ぶりでお茶請けに最適なサイズなのでおもたせにも好評です。

さゝま

東京都千代田区神田神保町1丁目23

松葉最中や茶道用の和菓子を製造販売しています。眺めるだけで季節感が伝わってくるような和菓子は程よい口どけが特徴です。

うさぎや

東京都中央区日本橋1-2-19 日本橋ファーストビル 1F

きめ細やかな焼き上がりの生地とたっぷり詰められた粒あんとの相性が抜群。こんなどら焼きをいただくとついつい何個でも食べてしまいます。

麻布昇月堂

東京都港区西麻布4-22-12

代表銘菓は一枚流し麻布あんみつ羊かんです。潰し餡の羊かんにあんみつの具が入っていてボリュームたっぷりです。

やなかしっぽや

東京都台東区谷中3-11-12

まるで猫のしっぽのような長いスティックドーナツを販売しています。一本100円からなのでおやつにピッタリですね。

小ざさ

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8

こちらのお店では最中と羊羹が特に有名です。餡のみずみずしさが感じられる最中と手間暇かけて作られる羊羹はどちらも絶品です。

草月

東京都北区東十条2-15-16

東十条駅の南口徒歩すぐにあります。全国菓子博覧会で受賞したこともある黒松は黒糖を使った生地が優しい味わいです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/12/06 公開