【東京】歴史を訪ねてゆっくりしっかり散歩する

長い歴史の上に、今があります。たまにはタイムスリップして、悠久の時間を感じてみませんか?いつものお散歩が、新発見の時間になりますね。

スポンサーリンク

隠亡堀跡

東京都江東区

横十間川親水公園岩井橋下は、東海道四谷怪談でお岩と小佛小平の死骸を戸板の表裏に釘付けにした戸板返しの亡霊がでた砂村隠亡堀として知られている場所です。

セメント工業発祥の地

東京都江東区清澄1-2

日本で初のセメント工場発祥の地として有名です。敷地内には、セメント発祥の石碑が展示してあります。国内初のセメント製造過程を写真パネルで展示しておりセメント作りの成功と失敗の歴史を学ぶことができます。

北の丸公園

東京都千代田区北の丸公園1-1

国民公園として国民一般に利用できる公園です。面積は19haと広く、敷地内には旧江戸城の城門跡が残り江戸幕府の名残を残す歴史的に重要な場所となっています。都会のオアシスで歴史散策をしてみませんか?

首尾の松跡

東京都台東区蔵前1-3

江戸時代から受け継がれてきた「首尾の松」は、現在7代目と大切に育てられいる松です。多くの自伝が残る歴史的に興味深い場所なので、東京散歩がてらにフラっと寄るのに最適です。

紀伊国屋文左衛門住居跡

東京都江東区清澄3-9

江戸前期の豪商と言われた人物の住居跡、今は清澄庭園となっています。園内には、広大な池と蔵屋敷がそびえたち美しい庭園から都内屈指の名園として名高いです。庭園内を歩けば歴史を感じる発見が沢山あります。

石川啄木記念碑

東京都中央区銀座6-6-7先

朝日ビル前に立てられた石川啄木記念碑は、かつて啄木が朝日新聞の社員として貢献し没後60年を記念して建てられました。樹木を模ったブロンズ製で今も啄木の功績を伝えています。

葛飾北斎生誕の地

東京都墨田区亀沢2丁目付近

日本の名水墨画家である葛飾北斎は、北斎は生涯に渡って区内を93回も転居しました。墨田区亀沢1丁目付近には「北斎通り」として北斎作品が展示されています。

日輪寺

東京都台東区西浅草3丁目15-6

台東区にある日輪寺は、平将門に由来が深いお寺です。昔、疫病が流行った時に平将門の首塚を供養した所、疫病が治まったと伝えられています。平将門好きなら一度は訪れたい場所です。

下町風俗資料館

東京都台東区上野公園2-1

一階は大正時代、二階は昭和30年代を再現した資料館です。一歩足を踏み入れると昔懐かしい居間や台所など当時の暮らしぶりが分かります。今の便利な暮らしから一瞬離れて昔に浸るのも良いかもしれません。

長命寺桜もち・言問団子

東京都墨田区向島5-1-14

長命寺の桜もちは、元祖桜もちの名店として有名です。東京の老舗お団子と言ったら言問団子です。向島に行ったら梯子して食べにいきましょう。昔から変わらない和菓子の味を楽しめます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/12/07 公開